USP <787>治療用タンパク質注射剤中の非可視的な粒子状物質

USP<787>章、治療用タンパク質注射剤中の非可視的な粒子状物質は、2014年8月1日に正式になり、タンパク質ベースの製剤のための具体的な指針を提供しています。<787>章は、治療用タンパク質に対するUSPの限界に対応するために改善され、タンパク性粒子および10ミクロン以下の粒子負荷の免疫学的影響に対処するための小容量サンプル試験の枠組みを提供しています。

適用と範囲

USP <787>は、注射剤および輸液を製造する製薬メーカーおよび生物医薬品メーカーに対して最終医薬品中に存在する粒子の量に関する厳格な規則を遵守するよう定めています。この規制は、特に、より高価なタンパク質製剤の開発と、タンパク質ベースの治療薬の製造に内在する固有の感受性に焦点を当てています。

  • 特に、タンパク質ベースの治療薬用(注射剤のすべての形態ではない)
  • 最終投与量および梱包の分析
  • 小容量試験製品
  • 小容量試験アリコート
  • 粒子状物質の「固有の」形態を定義する
  • 準備と試験の方法について説明する
  • 粒子の最大負荷限度を定義する

USP <787>はタンパク質ベースの製剤に焦点を当てていますが、USP <787>とUSP <788>(注射剤中の粒子状物質)の間には、以下を含む多くの類似点があります:

  • 主要な方法:光遮蔽法1
  • 二次的方法 光学顕微鏡
  • アリコートの最小数=4
  • 粒径閾値 >=10および >=25 µm
  • 粒子の限度:
    • SVI: 容器あたり6,000および600個
    • LVI(>100 mL):1 mLあたり25および3個*

*大容量試験は容器試験にも合格する必要があります。10ミクロンで6,000個以下、25ミクロンで600個以下。

1主要な方法が適用できない場合(例えば、透明度が低下または粘度が増加した調製物)、顕微鏡による粒子試験を実施する必要があります。