Valita Titer IgG抗体定量アッセイ

15分以内で測定結果が得られます

Valita Titerは、96 ウェルまたは384 ウェルプレートベースで、短時間、かつ費用対効果高く、IgG 濃度が測定できる方法です。蛍光偏光測定機能が搭載されたプレートリーダーがあれば簡単に測定でき、一般的な他の測定手法に比べても短時間でIgG 測定が可能です。

培養からプレート、測定までのシンプルなアッセイ系

  • 細胞懸濁液をそのまま添加、サンプル前処理不要
  • プレコートされたマイクロプレート、追加試薬不要
  • 簡単3 ステップ、洗浄不要

細胞培養液をそのまま添加するだけ 短時間IgG 測定

  • 簡便:添加、混合、測定
  • 迅速:15 分以下でアッセイから結果まで
  • 自動化対応
  • 高費用対効果

迅速&簡便

Valita Titer は、一般的に使用されるELISA やHPLC などの方法に比べ、短時間、かつ簡便なIgG 定量アッセイであり、またこれらに比べて多くの利点があります。

 

テクニカルノート

カタログダウンロード

Valita Titerアッセイの特長

培養からプレート、測定までのシンプルなアッセイ系

細胞培養液を添加するだけのIgG測定

  • 簡便:添加、混合、測定
  • 迅速:15分以下でアッセイから結果まで
  • 自動化対応:標準的なプレートフォーマットを用いており、 自動分注機と組み合わせて自動化することで、さらに作業量を減らすことができます。

迅速&簡便

技術的特長

  • プレートフォーマット:96ウェルプレート、384ウェルプレート
  • アッセイ精度: 相対標準偏差 2.5 %未満( アッセイ内およびアッセイ間)
  • アッセイ正確度: 95 %以上
  • 対応細胞濃度:最大15x10^6 cells/mL
  • 蛍光ラベル: FITC(Excitation max = 490, Emission max = 525)

 

製品モデル

技術資料

Didn't find what you are looking for? For more results click の技術資料はこちらからご覧ください。