CytoFLEX nano

6つの蛍光検出で細胞外小胞のポピュレーション解析を可能にしたナノフローサイトメーター

ナノフローサイトメーターCytoFLEX nanoは、CytoFLEXファミリーに新たに加わった最新のフローサイトメーターです。

従来のフローサイトメトリーの検出限界を克服できるよう、ナノ粒子解析専用 に開発されたナノフローサイトメーターCytoFLEX nanoは、一貫性のある結果を導く、高感度で柔軟なナノ粒子アナライザーであり、細胞外小胞(EV)研究の前進に貢献します。

ナノフローサイトメーターCytoFLEX nanoは、40 nm *の小さなEVを容易に解析することが可能であると同時に、搭載する最大6つの蛍光検出チャネルと5つの側方散乱光チャネルで正確な特性評価を行えることから、EV研究に新たな道を拓きます。

お見積り

ナノフローサイトメーターCytoFLEX nanoの特長

ナノフローサイトメーターCytoFLEX nanoを使用してEV実験の全体像を見てみませんか?ナノ粒子専用アナライザーであるCytoFLEX nanoは、従来のフローサイトメトリーより優れた感度、パラメーターの柔軟性、データの一貫性があります。

優れた感度

ナノフローサイトメーターCytoFLEX nanoは、粒子径 最小40 nm*~1 µmを検出する高感度と分解能**(10 nm)を備え、エクソソームをはじめとしたこれまでより小さなEV集団と、それらに内包された極めて微量のカーゴ(cargo)を検出できます。

パラメーターの柔軟性

4本のレーザー、6つの蛍光チャネルと5つの側方散乱光チャネルを搭載し、研究の幅を広げます。制約が少なく、必要なデータ全てを収集できます。

極めて高いデータの一貫性

ナノ粒子の研究では、コンタミネーションがなく、安定した装置性能を維持することが重要です。特別に開発された自動QCコントロールにより、カウント精度が90%以上、サンプル間のキャリーオーバーが1%以下という信頼できる結果を、高い再現性をもって得ることができます。

使いやすさ

ナノフローサイトメーターCytoFLEX nanoは、ご好評いただいているCytoFLEXファミリーと同じコンセプトで設計されています。設置面積は同様にコンパクトで、フローサイトメーターをこれまで触ったことがないような 初心者でも簡単に使用できるソフトウエアインターフェースを備えています。

 



 CytoFLEX nanoは、CytoFLEX専用のデータ取得・解析ソフトウエア CytExpertを使用して、EVのカウント、粒子径測定、特性評価を行うことができます。

粒子径 カウント(粒子数測定) 特性評価
フローサイトメトリーで粒子径を測定するには、適切に特性評価された標準粒子を用い、キャリブレーション法に従ってキャリブレーションを行う必要があります。ラテックスポリスチレン粒子は、NISTトレーサブルで均一性が高いため、キャリブレーションに最適です。ナノフローサイトメーターCytoFLEX nano導入時にお伝えするキャリブレーション法を実行していただくことで、メソッドの比較や相関に使える絶対数の正確なデータを取得できます。 フローサイトメーターによるカウントは最も堅牢な細胞や粒子の計数法の1つであり、これはばらつきが避けられないサンプルのマニュアルローディングを排除し、サンプル送液量を厳格に制御する技術を用いているためです。ナノフローサイトメーターCytoFLEX nanoでは、必要な結果を得るために適切な量のサンプル量が測定されるよう、送り出すサンプル量をカスタマイズできます。 ナノ粒子の特性評価を行うには、クラス最高の感度が必要です。そのため、ナノフローサイトメーターCytoFLEX nanoは光学系と流体系を完全に再設計し、4種類のコリニアレーザーによる励起で放出されたごくわずかな蛍光でも、6つの蛍光検出チャネルで確実に検出できるようしました。

性能特性

フローサイトメーターCytoFLEX nanoの性能
 バイオレット側方散乱光の感度 VSSC1:40 nmのポリスチレンナノ粒子
VSSC2:‌80 nmのポリスチレンナノ粒子
散乱光検出のダイナミックレンジ VSSC 1:スモールレンジ(40~150 nm)のポリスチレンナノ粒子
VSSC2:ラージレンジ(80~1000 nm)のポリスチレンナノ粒子
バイオレット前方散乱光の感度 300 nmのポリスチレンナノ粒子
蛍光感度と分解能

 500 nm CytoFLEX nano用多強度蛍光粒子の使用により、6つの蛍光検出器で蛍光を同時検出

V477: 8 ピーク

B531: 8 ピーク

Y595: 8 ピーク

R670: 6 ピーク

R710: 5 ピーク

R792: 4 ピーク

 蛍光 rCV CV < 10%(1 µL/minでQC蛍光粒子を使用)
サンプル間のキャリーオーバー 1%a
データ取得速度 電子データの最大取得速度 16,000イベント/秒(95%以下)
推奨される最大サンプル取得速度 5,000イベント/秒(塊やコインシデンスを回避するため)
 細胞数カウントの精度 > 90%b

ナノスケールフローサイトメトリーの詳細​

製品モデル

‌a.ポリスチレンナノ粒子を使用

b.144 nm QC散乱光粒子3ユニットを、サンプル流量1 μL/min、2 μL/min 3 μL/min、4 μL/min、5 μL/min、6 μL/minの条件下で3分間記録、これを5回繰り返し、各速度での平均合計イベントを計算してから、計算で得たカウント精度と理論上の合計イベント(既知濃度1.3 *108 x体積)を比較しました 。

‌*バイオレット側方散乱光をトリガーとして使用し、ポリスチレンを検出。
‌**本製品は開発中です。性能特性の検証は行っていません。

本製品は研究用です。診断には使用できません。