セルカウンター、セルサイズ分布測定装置、培地環境分析装置

1954年に最初のコールターカウンターが発明されて以降、弊社は細胞の計数、大きさの測定、細胞の生死判定、細胞培養のモニタリングシステムを効率化することによって、ライフサイエンス分野における新しい可能性を切り拓いてきました。

弊社では第一に、性能、精度、作業の効率化(時間を効率よく使うこと)をユーザーの皆様に提供することを大切にしています。確かな技術力を基盤として、日々生まれる研究上での新しい要件や、ユーザーの皆様のリクエストに応えられる機器を提供しています。作業効率を更に高めるため、革新的な技術を導入し続け、現在までにVi-CELLファミリーMultisizer 4e Zシリーズアナライザーなどのセルカウンター(細胞計測機器)製品が開発されています。

細胞の計数・大きさの測定、細胞の生死判定の解析に用いる基盤技術は機器ごとに異なりますが、それぞれの技術がライフサイエンス業界を牽引する洗練されたテクノロジーを採用しています。パワフルで柔軟な使い方ができ、データの正確性、高い再現性を兼ね備えており、なおかつ操作が容易という特徴を備えています。お客様が求めるものが、完全自動化・詳細な解析・あるいは業界の標準を超える高い水準の信頼性のいずれであっても、これらの機器は、お客様皆様にとって重要な価値を提供します。