フローサイトメトリー解析ソフトウエアKaluza

フローサイトメトリー解析ソフトウエアKaluzaは、4つのシンプルなコントロールパネルにより、マルチカラーデータを簡単かつ効率的に、素早く解析できます。

複数のパソコンに本ソフトウエアをインストールし、購入した1つのライセンスオプションに基づいて、各パソコンからのアクセスを制御することもできます。シングルユーザー用および複数ユーザー用のライセンスが利用可能です。

  • FCS標準に準拠するすべてのファイルをstandard 3.1から読み込み可能
  • 最大2,000万イベントのマルチカラーファイルをリアルタイム処理
  • ワークフローと使いやすさを最優先に設計された革新的インターフェース

特長

Kaluzaの理念

  • 右クリックした位置で表示されるラジアルメニュー
  • 4つのシンプルなコントロールパネルでデータのあらゆる部分にアクセス可能
  • リアルタイムにデータ表示を調整

バージョン2.1のアップグレード

  • 19の新機能の追加と14機能を改善。詳細はリリースノートをご覧ください。
  • フローサイトメトリー基準(FCS)に適合するすべてのファイルの解析
  • 自動ゲーティング機能、レアイベントおよび細胞サイクル解析機能を追加

 

Kaluzaの違い

 

管理者ツール

  • 共有サーバー上のネットワーク・ライセンス管理センターをインストールし、1,000名以上のユーザーを管理
  • 特定ユーザーの詳細な使用状況レポートとクエリログの作成
  • 現在のライセンスキーを表示して新しいキーを有効化

 

 

製品モデル

関連資料

絞り込み:
 
Automating Flow Cytometry Brochure Mitigating sources of variability begins during assay design, continues during analytical method development, and through process monitoring
Kaluza Analysis Software Brochure Kaluza Analysis Software allows access to data analysis of large files resulting from complex color analysis.
Offline Flow Cytometry Analysis Software: Importance of Scaling and Data Visualization Learn about the flow cytometry open platform data structure and how it facilitates for robust offline analysis
Whitepaper: Kaluza Analysis Tree Plots offer a fast and comprehensive overview of multi-color flow cytometry data Introduces the Tree Plot as a supervised approach for comprehensive deconvolution of flow cytometry data, bridging the gap between manual gating and unsupervised computational analysis
Using Standardized Dry Antibody Panels for Flow Cytometry in the Assessment of Altered Immune Profiles in Response to SARS-CoV2 Infection In order to identify early indicators of disease severity in SARS-CoV2-infection, the proportions of well-established immune cell phenotypes have been subject to extensive research, utilizing flow cytometry as a core technology1-3. In order to ensure comparable and consistent results in the massively multi-institutional research setting of a global pandemic, the use of standardized antibody panels and procedures, as demonstrated by The ONE Study4-6, is a promising approach that also can lower technical barriers

技術資料