Multisizer 4e

粒子や細胞の個数、体積、面積粒度分布の測定に

Multisizer 4eは、電気的検知帯法として知られるコールター原理を用いて、一回の計測で粒子や細胞の個数、体積、面積の粒子・細胞径分布を 0.2~1,600 μm の範囲で測定ができる高精度で多機能な粒子分布測定装置です。粒子・細胞を実測するため、色、形状、組成、屈折率などの影響を一切受けず、様々な粒子・細胞の個数、体積、面積粒度分布の測定が可能です。

測定対象例:

  • 細胞
  • 細菌
  • 酵母
  • 血球
  • 微生物
  • スフェロイド
  • 球状コロニー
  • タンパク質凝集体
  • 研磨剤
  • トナー
  • 顔料
  • 粉   など

製品・アプリケーション情報:

  Multisizer 4e の特長
  Multisizer 4e 動画ギャラリー
  Multisizer 4e アパチャーチューブ
  Multisizer 4e を用いた細胞分析
  Multisizer 4e を用いた二枚貝の育成繁殖のための分析
  コールター原理
  粒度分布学術情報

カタログダウンロード:

  Multisizer 4e 製品カタログ

製品モデル

特長

多様性

  • 現行および将来のニーズに対応した直径10 µmから14種類の異なるサイズのアパチャーチューブをご用意
  • 粒径分布が広範囲にわたる複雑なサンプルを分析するための、複数のアパチャー・オプションとデータ・オーバーレイ機能

サンプルの検出

  • 水性または非水溶媒中の試料の分析
  • 幅広いサンプル*の測定が可能
  • 種類や光学特性とは無関係に微粒子を検出
*トナー、研磨剤、メッキ液、電池材料、ファインバブル、酵母、乳酸菌、植物プランクトン、細胞など

迅速な粒子計測

  • 標準的なサンプリング速度:最大10,000カウント/秒
  • 粒子径分布測定範囲:0.2 ~1,600 µm
  • 溶媒使用量:4~500 mL

データ管理

  • デジタルパルスデータは必要に応じて保存・再解析が可能
  • 監査セキュリティ対応可能なCFR 21 Part 11準拠のソフトウェア

 

製品仕様

Item Specifications Referenced 383601

Setting up a Multisizer 4e with an Accuvette

 

技術資料