Multisizer 4eの特長

Multisizer 4e 

  • 現在/将来のニーズを満たすため0.2 μm〜1,600 μmの粒子を測定できる10 μM〜2 mmのアパチャー
  • 複数のアパチャーから選択することで、異なるアパチャーから収集されたデータを重ね合わせることができ、粒度分布の広い、複雑なサンプルを解析することが可能
  • マルチパラメトリック分析は、1回の測定から粒子数、体積、質量および表面積のサイズ分布に関するデータを提供
  • 実績のあるコールター原理の技術は、屈折率、色、組成とは無関係に粒子を検出するため、電解液中に分散する粒子を測定可能
  • 信号処理システムは、ダイナミックレンジを拡大し、微粒子検出のノイズを低減
  • 貴重なサンプルの保存に役立つ5 mL Nalgene™バイアルの使用をサポート
  • アパチャーの閉塞を自動検出するため、安心して操作可能
  • 経験レベルに関係なく実験をデザインするのに役立つ、ルーチンの自動化と使いやすいウィザード
  • 複数のSOM / SOP構成とV-Check検証パッケージにより、品質保証が簡素化
  • ライセンスの制限がないため、複数のコンピュータにソフトウェアをインストールしてオフライン処理が可能 - 機器を開放サンプルを分析できるため、運用効率を最大限に高めます
  • 国際標準ISO 13319で定義されている実績のある技術