マイクロバイオリアクター BioLector XT

ハイスループットなマイクロバイオリアクターを使用することで、生菌数(バイオマス)、蛍光、 pH、 DO (溶存酸素)など、好気性細菌および嫌気性細菌の主要培養パラメータをリアルタイムに評価することができます。

信頼性の高いBioLector Proのテクノロジーをもとに設計された「BioLector XT」は、標準的な ANSI/SLAS (SBS)マイクロタイタープレート(MTP)形式を採用し、キャリブレーション済みの光学センサーを搭載しています。 ディスポーザブルの48ウェルプレートを用いて、培養パラメータをオンラインで計測し、特許取得済みのマイクロ流体技術により、pH制御と流加を同時に行うことができます。オプションのマイクロ流体モジュールを使用すれば、ガンマ線照射済みのプレート上でマイクロ流体制御ができます。したがって、手作業による分注操作、チューブ接続、ピペッティングが不要になります。

BioLector XTの詳細は下記ページもご参照ください。

BioLector XT カタログはこちら

PDFダウンロード

BioLector XTの特長

革新的なガス供給ヘッド

  • 嫌気性条件下で流加培養実験が可能
  • O2 ガスを1% - 100%、CO2 ガスを1% - 12 %の範囲でガス供給
  • ガス消費量をわずか数 mL/分にまで抑制
  • ガス加湿で培地の蒸発を抑制(オプション)

マイクロ流体モジュール(オプション)

  • BioLector XTの性能を最大限に発揮
  • ウェルごとのpH制御と流加を行い、オンラインモニタリングが可能
  • 培養4ウェルあたり2つのリザーバーウェルが使用可能
  • マイクロバルブによるナノリットル単位の液体を分注

プラグ・アンド・プレイ プレート設計

  • 48/32パラレル培養によるリアルタイム・キネティクス
  • カスタマイズ可能な流加設計(バッチ、フェドバッチ、ボーラス、連続)*
  • キャリブレーション済み光学センサーによるプレートでのpH制御 *
  • 小培養容量 (800 ~ 2400 μL)

*オプションのマイクロ流体モジュールが必要です。

使いやすいソフトウエア(オプション)

  • 様々なユーザーの使用状況にも対応した分かりやすいユーザーインターフェース
  • すべての制御パラメータを自由に設定可能
  • ライブデータをダウンロードできるオープンシステムを採用
  • 高速プロセッサによる実験データの高速ダウンロード

製品仕様

Volume 800 - 2400 µL
Temperature -8° C - 50° C
pH Range ~5.0 – 7.5 or~4 – 6 (low pH module) with < 0.1 deviation. Ranges are broader with less accuracy.
DO Range 0 – 100% oxygen saturation*3
Scattered Light Measurement Resolution > 50 NTU, at densities higher than 500 NTU: 10 % of measured value.
Wavelengths 365 nm–800 nm
Width 95 mm(3.7 in)
Height 541 mm(21.3 in)
Depth 514 mm(20.2 in)
Weight 58 kg(127.9 lb)

製品動画

 

製品モデル

技術資料