光遮蔽法:粒子検出のための光学的方法:

光遮蔽または単一粒子光学的検知法(SPOS)は、外れ値のわずかな割合を検出することができる高分解能分析手法です。これは全体の粒径分布を得るためにも使用することができますが、光遮蔽方式のパーティクルカウンターを使用する場合、サンプル濃度は重要な考慮事項になります。サンプルは、分析用に希釈した形で提示しなければなりません。

光遮蔽は、光源と検出器との間の液体懸濁液中の粒子の希薄な流れを通過させることによって作用します。HIAC 9703+液中パーティクルカウンターでは、光源はレーザダイオードで、ストリーム中の個々の粒子を照らして、検出器上に光の影や閉塞を生成します。この閉塞を「遮蔽」と呼びます。検出器は光強度の減少を測定し、校正曲線を使用して、信号を処理し粒径を決定します。

光遮蔽技術により、液体中のどのような種類の異物に対しても1~数千ミクロンの良好な結果が得られます。

Light obscuration technique provides good results from one to several thousand microns for any kind of foreign material in a liquid.

様々な製薬用途で広く使用されている光遮蔽は、タンパク質ベースの製剤と他の無菌調製物を含む様々なサンプル中の粒子の粒径と数を測定する主要な方法として、ISOおよびUSPによって認められています。

光遮蔽の利点

  • 迅速な分析 - 数秒で結果が出る
  • プロセスの自動化 - オペレータの過誤を排除
  • 追加の化学物質/消耗品は不要
  • 装置間の繰り返し性および再現性

HIAC 9703+液中パーティクルカウンターは、各種製薬用途向けに設計され、USP <787>と<788>両方の分析用に使用できます。