Cytobankのセキュリティ

ベックマン・コールター ライフサイエンスでは、顧客の機密情報保護は最優先事項です。

パスワード、シングルサインオン(SSO)、データへのアクセス権制御など、目に見える基本的なセキュリティ管理については、おそらくご存じだと思います。けれども、クラウドソフトウエアの場合には、見えない部分に重要なセキュリティ対策が数多く存在します。

Cytobankクラウドソフトウエアの、安全な開発、実装、運用のために当社が実践している手法は、必然的に厳格で包括的なものであり、ソフトウエアの設計の段階から開発ライフサイクルの全段階にわたって実行されます。そして製品の運用中は積極的な維持管理と更新が行われます。


Cytobankのセキュリティ管理

機密が厳重なソフトウエアは、顧客のデータの確実な保護を基本的概念としています。このビデオでは、ベックマン・コールター ライフサイエンスのCytobank構築・運営チームのリーダーであるAngela Landriganが、セキュリティを最優先とした当社のソフトウエア開発とソフトウエアエクスペリエンス管理手法についてお話します。

 


Cytobankのソフトウエアとクラウドセキュリティ:ホワイトペーパー

Cytobankは、多層にわたるセキュリティによりセキュリティ上の脅威を軽減し、世界各国の研究者、科学者、情報科学者が求める厳重な防御や規制要件を満たしています。

ホワイトペーパー:Cytobankプラットフォームでのソフトウエアとクラウドセキュリティについて(英語)*1では、Cytobankプラットフォームにおけるソフトウェアとクラウドのセキュリティを紹介し、クラウドプラットフォーム上で解析を行う利点を概説するとともに、クラウドソフトウェアのセキュリティを評価する際に考慮すべき事項を記載しています。

Introduction to software and cloud security on the Cytobank platform - Whitepaper front page1


Cytobankのセキュリティガバナンス:ホワイトペーパー

当社がCytobankに構築・運用している情報セキュリティガバナンスは、国際標準化機構(ISO)27001、連邦情報セキュリティマネジメント法(FISMA)、連邦情報処理標準(FIPS)199/200、米国立標準技術研究所(NIST)SP800シリーズに沿ったものです。

ホワイトペーパー:Cytobankプラットフォームのセキュリティガバナンス(英語)*2では、顧客情報保護のためのセキュリティ対策、業務プロセス、技術について説明します。

Overview of Cytobank Platform Security Systems and Processes - Whitepaper front page2


Cytobankフリートライアル

Cytobankは、フローサイトメトリーデータやマスサイトメトリーデータの解析、保管、共有のためのクラウドプラットフォームです。高次元シングルセルデータの機械学習(マシンラーニング)解析ツールを実装し、インターネットにつながっていれば、どの端末からでも、様々な組織・場所にいる共同研究者・作業者と簡単にコラボレーションワークができるように設計されています。

無料トライアルに申し込む

 

サポートページ

 

Cytobank30日間フリートライアル
申し込みフォーム

以下のフォーム送信後、Cytobank sign up 用URLと日本語案内をEメールにてご案内いたしますので、日本語案内をお読みいただき、sign up(Cytobankアカウント登録)をお願いします。
ご登録後、ご登録されたメールアドレスに認証メールが届き、Cytobankが利用できるようになります。