Cytobank Experiment Manager

 

お見積り  無料トライアル

 

Experiment Managerは、Cytobankにサインインすると最初に表示されるページです。このページでは、ご自身が作成した、または閲覧権限を持っているExperimentを見ることができます。Experiment Manager内のExperimentは、検索やフィルタリング、ラベルによる整理をすることができます。Experimentをクリックすると、Expanded Detail Viewが開き、プレビューウインドウが表示されます。

 

 

フィルターとラベルを使ったExperimentの並べ替え・整理

Experiment Managerの左側のパネルに設定されている所有者ごとのフィルターフォルダ(All、Mine、Shared with me、Public、Cytobank curated、Trash)を使うことで、必要なExperimentを簡単に見つけることができます。

Experiment名の左にあるチェックボックスをクリックすると、1つまたは複数のExperimentにカスタムラベルを作成することができます。上部に表示される「Apply label」というボタンをクリックすると、Experiment名の隣に色付きのラベルが作成・表示されるとともに、そのラベルフィルタが作成されて左側のパネルに表示されます。

cytobank experiment manager

図1. Experiment Manager

 

Expanded Detail Viewの使用

Experiment ManagerでExperimentを選択すると、詳細な情報画面が自動的に開き、概要が表示されます。具体的には、アクセス権を持っているユーザーや、ゲーティングされた細胞集団、関連するviSNEやFlowSOMなどの解析、FCSファイルや添付ファイル、その他の詳細情報です。

 

Experiment間のつながりを視覚化する

Linked experiment機能は、Experiment同士や解析結果との親、兄弟、子といった階層的関係性を把握するためのものです。この関係性はExperiment Summaryページの下にある「Linked experiments」セクションに樹形図として表示され、ここから関連Experimentや解析結果を開くこともできます。この機能は、関連するデータへの案内や、あるいはそれらが互いにどのような関係にあるかを理解するのに役立ちます。