抗体エンジニアリング:細胞融合後

細胞融合後のプロセスを自動化することにより、安定かつ高収量の単一細胞クローンの選択に必要な非常に手間のかかる数週間のステップを省力化できます。Biomek Post-Fusion Workstationは、限界希釈による単一クローン化からタンパク定量、測定データによるヒットピッキングまで、さまざまなプロセスを自動化し、再現性とスループットを向上させます。

以下の動画のシステムは、ハイブリドーマの細胞融合後のプロセスを効率的に実施するためのBiomek i7自動分注ワークステーションの一例です。システムの構成は個々のラボのワークフローに応じて、必要な分析装置や機器を追加、変更することが可能です。



アプリケーションノート

Document Title Description Format Size