卓上型超遠心機 Optima MAX-XP

卓上型超遠心機Optima™MAX-XPは、175 μLから32.4 mlまで、最大回転数150,000 RPMおよび1,000,000 xgを超える遠心力で、サンプルを迅速かつ効率的に分離する超遠心機です。

    パスワード管理のアクセスと完全な監査証跡文書を含め、厳密な電子記録管理機能を備えた高度なソフトウェア
  • リアルタイムで速度、時間、温度が確認できる便利なタッチスクリーンコントロールと見やすい表示
  • 幅広いアプリケーションにわたっての生産性を追求した4種の独自のチューブデザイン
  • バイオセーフティの確実な保護を提供する独自の多重レベルのアプローチ

ウイルス×超遠心機:

エクソソーム×超遠心機:

遠心機お役立ち情報:

特長

詳細な使用履歴の追跡

  • セキュリティとトラッキング機能により、シリアル番号でローターの寿命を管理
  • パスワード保護と電子署名で、管理とコンプライアンスの連携をサポート

 

Eメールで診断アラートを受信

  • リモートモニタリングとコントロール機能により、コンピュータ、スマートフォン、タブレットから起動、停止、モニタリングが可能

安全性の向上

  • 標準的なバイオセーフティーフードに適合
  • BioSafe optional dual PALL®Pharmaceutical Grade 滅菌フィルター

使いやすい多言語インタフェース

  • フルカラーLCDタッチスクリーン・ディスプレイ
  • 大きなアイコンで、簡単に操作
  • 多くの手袋タイプで機能するタッチスクリーン
  • 9か国語対応の直感的なインタフェース


 

製品仕様

バイオセーフティ対応 No
加速 10 acceleration profiles
減速 11 deceleration profiles
最大容量 0 - 194.4 mL
温度設定 2.00 °C of set temperature
設定温度範囲 Set temperature range: 0 to 40°C in 1°C increments
ディスプレイ Full-color LCD touch screen
参照製品番号 393315

製品モデル

関連資料

絞り込み:
 
Quantification of Cellular Toxicity with Particle Characterization and Centrifugation Beckman Coulter tools enable quantification of cellular toxicity caused by nanoparticles, reducing time to remove aggregated particles and quantifying cell toxicity in the presence of single-walled carbon nanotubes.
Particle Characterization & Centrifugation - Nanotoxicity Application Note Nanotechnology biomedicine is an emerging field still in its nascent phase
The Basics and Vision of Exosome Research Authors: Dr. Takahiro Ochiya and Dr. Yusuke Yoshioka | Published 2016
spINSIGHTS Issue 10 Why should I choose ultracentrifugation as the preferred method for extracellular vesicle purification?
Optima MAX-XP Brochure Tabletop ultracentrifuge product brochure

技術資料

Didn't find what you are looking for? For more results click の技術資料はこちらからご覧ください。