Wallace H. Coulter(1913~1998)

Wallace Coulterの肖像

「科学は人類を救う」

Wallace H. Coulterは、コールター社の共同創立者、元理事兼社長であり、コールター原理の発見者として知られています。コールター原理は、液体中の微細粒子の粒子数および粒径の測定において最も広く活用されている原理です。コールター原理は、フローサイトメトリーにおいて、初の実用的な基本原理であると言われており、業界の成長の基礎となり診断医学研究の世界に抜本的な変化をもたらしました。

Wallace Coulterとその弟Joe(1995年11月死亡)は、シカゴの地下の一室から会社を創業して多国籍企業に成長させ、血液細胞分析分野の診断技術において多くの画期的な実績を残しました。Wallace Coulterが発明した技術は、血液細胞の計測を、労力が大きく不確実であった手動による方法から改善することで、医学研究および診断領域に革命的な変化をもたらしました。優れた技術の開発と優れた顧客サービスのためのWallaceとJoeの取り組みを通じてコールター社は、検査室用ハイテク血液細胞分析システムにおける業界リーダーとしての地位を確立しました。

1913年、アーカンソー州リトルロックに生まれたWallaceは、幼少期から電気と鉱石ラジオへ強く興味を持って育ちました。アーカンソー州モンロー群の高校を卒業し、ミズーリ州フルトンのウエストミンスターカレッジに進みました。後にジョージア工科大学で電子工学を学びました。彼のキャリアは、1934年にラジオ局のエンジニア兼アナウンサーとして始まりました。1937年、WallaceはGeneral Electric X-Ray Corporationに入社して、販売およびサービス担当者としてマニラ、上海、シンガポールおよび周辺の島々を担当しました。その後、1942年から第2次世界大戦終了までは、ニューヨークのPress Wirelessの電子開発部門で働き、後にRaytheon Manufacturing Companyで医療用電気装置の開発に携わりました。

1946年、Wallaceはシカゴに戻り、イリノイ・ツール・ワークス、およびMittelman Electronics Division of Century Steelで働きました。Wallaceは、余暇には電子技術エンジニアである弟のJoeと共に、シカゴにある自宅の地下室で実験をして長時間を過ごしました。この活動によってWallaceは、血液細胞などの微細粒子の粒子数および粒径測定を自動で電子的に行う方法である、コールター原理の発見に至りました。その後間もなくWallaceはコールターカウンターを発明しました。この発明は人生を通して画期的な発明を生み出すきっかけとなり、また多国籍企業であるコールター社の成功の礎となり、さらには新たな産業の草分けともなりました。

1953年、米国でのコールターカウンターに関する特許を取得した後、WallaceとJoeはこの新しい細胞および粒子の測定装置の製造を開始しました。その後、販売台数は増え続け、1958年に2人はCoulter Electronics, Inc.を法人化して、1961年にはフロリダ州のマイアミに会社を移転しました。

1997年10月、コールター社はBeckman Instruments, Inc.に合併し、現在はベックマン・コールターとして知られています。ベックマン・コールターの診断装置部門本部はカリフォルニア州ブレアに、ライフサイエンス部門の本部はインディアナ州インディアナポリスに置かれています。ベックマン・コールターには世界中で総勢10,000人以上の従業員がいます。

Wallace Coulter クリントン大統領コールター社は血液学的分析における画期的な発明の歴史で知られており、最初の発明品であるコールターカウンターは、より正確かつ高速のCBC(全血計算)測定によって血液学研究に抜本的な変化をもたらしました。WallaceおよびJoe Coulterはその後何年もかけて会社の生物医学研究事業を拡大させ、多くの優れた製品を開発しました。コールター社の発明にはさまざまなものが含まれ、血小板数計測などの新たな血液パラメータの自動測定、自動サンプル搬送システム、オペレータの安全のためのクローズドバイアルサンプリング、ヘマトロジーアナライザーによる網赤血球およびCD4/CD8の検査など、多岐にわたります。


Coulter兄弟はモノクローナル抗体研究の先駆者でもありました。その後、モノクローナル抗体は、がん、リンパ腫、白血病その他の疾患の診断に非常に役立つことが明らかにされてきました。現在ベックマン・コールターでは、診断・研究向けに各種モノクローナル抗体およびその他のサイトメトリー用試薬を幅広く提供しています。1980年代初期から、Wallace、Joe、およびコールター社はフローサイトメトリーのリーダーでした。フローサイトメトリーは、細胞がレーザーを通過する際の「サイン」によってそれらを特定する装置で、悪性腫瘍やウイルス活性の特定を容易にしました。

Wallace Coulterは発明家、科学者および事業家としての活動によって、多くの賞を受賞しました。1960年、Wallaceは、自身の幼少期のヒーローであったトーマス・エジソンやグリエルモ・マルコーニも受賞した、John Scott Award for Scientific Achievementを受賞しました。また彼は、1980年にIEEE Morris E. Leeds Award、1988年にFlorida Industrialist of the Year Award、1989年に M.D. BuylineのSAMME Lifetime Achievement Award、1989年にAmerican Society of HematologyのCertificate of Distinguished Achievement、1989年にはAssociation of Clinical ScientistsのGold Headed Cane Awardも受賞しました。1991年、Wallace Coulterおよびコールター社はマイアミのCenter for Health Technologiesの役員に任命され、1992年に彼はAmerican Institute of Mechanical and Biological Engineeringの設立フェローに選ばれました。その他、Wallaceは数々の名誉博士号を取得しました。また彼は地域社会や科学を通じた人類社会への貢献でも有名です。

お問い合わせ









商品・サービス情報やWEBセミナー、展示会などのベックマン・コールターからのからのお知らせを希望しますか?

お客さまからご提供いただいた個人情報を尊重し、個人情報の保護に努めております。詳細は 個人情報保護方針サイト利用規約をご確認ください。