細胞のシグナル伝達

細胞のシグナル伝達は、基本的な細胞活動を統制し、分裂や分化、代謝、および細胞死などを調節する細胞間の複雑な伝達システムの一部です。この研究では、細胞内プロセスの異常が、がんや自己免疫性疾患および糖尿病などといった疾病状態に関与することを示唆しています。

シグナル伝達経路は通常、細胞受容体の同族リガンドへの結合で始まります。続く経路の活性化は、リガンド結合によって活性化される受容体の種類によって異なります。場合によっては、リガンドがそれ自体に結合することによって受容体変性が引き起こされ、その一方で、細胞受容体がその同族リガンドに結合したことに起因するタンパク質間相互作用が誘発されることもあります。これらのタンパク質間相互作用はリン酸化/脱リン酸化イベントで、続いてキナーゼとホスファターゼ間でシグナル伝達分子による伝達が行われます。ダウンストリームにおけるシグナル伝達分子のリン酸化の結果として細胞の増殖に変性をきたすものの1例として、マイトジェン活性化タンパク質キナーゼ(MAPK)が挙げられます。

お問い合わせ



















商品・サービス情報やWEBセミナー、展示会などのベックマン・コールターからのからのお知らせを希望しますか?


お客さまからご提供いただいた個人情報を尊重し、個人情報の保護に努めております。詳細は 個人情報保護方針サイト利用規約をご確認ください。