ドライ試薬 DURAClone 抗体パネル

 
 
 
Video Thumbnail
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
2:37
 
 
 
 
 
 
 
 
 

抗体パネルの開発には、フローサイトメトリーの高度な専門知識が必要です。さらに、使用される試薬の多くは、取り扱いや保管によって劣化する恐れがあります。強固なアッセイを設計する際には、アッセイから読み取れる情報が、サンプルや実験条件が反映されることが重要であり、試薬の品質や人的エラーによる影響を最小限にする必要があります。専門家とともに開発・検証した、事前調製済みのドライ抗体試薬DURACloneパネルを使用することで、フローサイトメトリー実験を飛躍的に合理化することができます。

DURACloneは、独自のテクノロジーであるDURA Innovations を用いており、チューブ内に必要な試薬を乾燥した状態で提供します。室温保存でも安定するため管理の手間を削減でき、さらにサンプルを直接添加して使用することができるため、試薬の取り扱いによる手間が大幅に削減できます。

お問い合わせ




特長


DURACloneは、ヒト免疫系、幹細胞、異常な希少細胞集団などの同定と特性評価が可能な標準化されたマルチカラーパネルを取り揃えています。


 

ワークフローの合理化

 

安定性と再現性

 

標準化されたマルチカラーパネル

 実験時間の多くは、試薬の調製、カクテル作製、試薬品質管理 (QC)、在庫管理などのタスクに費やされます。抗体のピペッティングをなくすことで、手作業の工程を削減し、在庫管理が最小限に抑えられるため、無駄のないサンプル調製ワークフローを実現します。 不適切な保存条件や試薬の取り扱いによる抗体カクテル(反応混液)の劣化は、アッセイのばらつきの一因となる可能性があります。このような問題を回避するために、抗体を乾燥試薬の状態で安定化させ、室温での長期保存を可能にするDURACloneを開発しました。   研究者の皆様が研究を進めることに集中できるよう、標準化と生産性を念頭に置き、サンプルを添加するだけですぐに使用できるよう開発しパネルラインナップ取り揃えています。.
 ワークフローの効率化

DURACloneでサンプル準備工程の時間をどれくらい節約できるかをご紹介します。

 ドライ抗体と液体抗体の比較

ドライ抗体を用いることで、アッセイのばらつきがどのように抑えることができるかをご紹介します。

ONE study(英語サイト)

DURAClone パネルの設計と最適化の基盤となってる多施設研究。



DURAClone製品


関連情報