契約研究機関

各フェーズを速やかに進め、顧客の製薬/バイオテックパイプラインを早期に発展させることができます。 

皆さんの顧客が小規模な会社であろうと多国籍で大規模な製薬/バイオテック企業であろうと、結果をより早く出さなければならないというプレッシャーは重くなります。

正しい技術を選択することでこのプレッシャーが軽減できるのは当然のことです。

  • 遠心機は長い年月をかけて有効性が証明された製薬/バイオテック企業での研究のためのツールであり、分析用超遠心機は、天然の状態の高分子に関する実験から現時点で最も生物物理学的なデータを提供することのできるユニークなツールです。これには、薬物送達におけるウイルスやその他のベクターについて知識を得る、APIを効率的に特徴付ける、毒性ロット評価を簡略化するなど、様々な適用があります。
  • フローサイトメトリーは重要な技術法で、細胞療法、バイオマーカー検出、免疫表現型検査、および前臨床および臨床試験における安全性に関する研究など増加している適用のための細胞/粒子分析を最適化するために使用します。 
  • ラボオートメーション機器は、研究ワークフローを大きく合理化し、ヒットピッキングなどの効率的なハイスループットスクリーニングタスクを可能にすることで、多くの中からとりわけ小分子、生物製剤、ファーマコゲノミクスにおける薬物送達を劇的に加速させることが可能です。 
  • 自動粒度分布測定特性評価はR&D、前臨床、および臨床試験の各段階の非常に重要な要素です。粒子分析は工程分析技術(PAT)プロトコルで幅広く用いられ、速やかに細胞(生存性の評価も含む)、またナノ粒子、非経口薬剤、経口懸濁液、錠剤、およびワクチンなどの薬物担体も速やかに特性評価します。 

新規療法の発見から臨床診療での適用化までの時間短縮を求める顧客からのプレッシャーは大きくなるばかりです。 

幸運にもベックマン・コールター ライフサイエンスがこのお手伝いをさせていただきます。

皆さんの製薬/バイオテック企業の顧客に結果を速やかに提示するのにどのようなツールが必要ですか。