航空宇宙産業

気体や液体の純度を現場やオンデマンドで分析

多くの航空宇宙研究および製造アプリケーションでは、気中粒子濃度、気流速度、加圧、および湿度が厳密にコントロールされたクリーンルームでの作業を要します。

しかし航空宇宙産業は気中粒子にのみ関係しているわけではありません。

ジェット燃料から潤滑油や油圧油まで様々な粘度を伴う幅広い液体も関係してきます。そして液体のあるところには、液体への異物混入があります。

液体への粒子の混入は避けることはできませんが、破壊的な影響は回避することができます。

ポータブル型および/またはオンライン型の液中パーティクルカウンターを使用することで、現場やオンデマンドでの粒子混入により高くつく代償を、速やかに、また効率的に予防したり最小限に抑えることができます。

アプリケーションが何であれ、気中および液中の粒子分析技術が航空宇宙産業に役立ちます。

  • クリーンルーム環境をモニタリングし維持する
  • 効率的に作動する油圧システムを維持する
  • 費用が高くつく修復や不具合を事前に回避する
  • メンテナンス費用を抑える
  • 人に対する安全性を最大限保証する
  • 潤滑油やフィルターの消費を抑える
  • 産業基準(ISO、SAE、NAS、GOSTなど)に対するコンプライアンスを維持する

当社のMET ONE気中パーティクルカウンターが航空機製造におけるクリーンルームの環境を最適化する一方で、同じく当社の、当初は航空宇宙用の油圧の使用のために発明された、HIAC液中パーティクルカウンターは、研究室、現場、またオンラインでのオイル、冷却材、および燃料の汚染のモニタリングにおいて業界をリードしています。

どのタイプのパーティクルカウンターが必要ですか。

MET ONE 6000 compact remote air particle counter

MET ONE 6000

クリーンルームモニタリングでの使用について(リモート型)
MET ONE 6000P remote air particle counter

MET ONE 6000P

クリーンルームモニタリングでの使用について(リモート型)
MET ONE 7000 Remote Air Particle Counter

MET ONE 7000

クリーンルームモニタリングでの使用について(リモート型)
Facility Monitoring System portable and remote air particle counters

MET ONE施設モニタリングシステム

クリーンルームモニタリングでの使用について(リモート型)