組織からの分離

Agencourt RNAdvance Tissueでは、SPRI(Solid Phase Reversible Immobilization:可逆固定法)常磁性ビーズベーステクノロジーを用いて、有機溶剤による危険性や廃液処理の問題もなく様々な組織から完全長RNAを抽出します。この試薬キットでは、軟部組織、繊維組織、脂質の豊富な組織から完全長RNAを高回収率で産出できます。さらに、RNAdvance TissueはBiomekリキッドハンドラーで自動化されており、高品質な完全長RNAをマルチウェルフォーマットで安定して回収できる簡単なソリューションとなります。 

Choose a From Tissue Model

RNAdvance Tissue Workflow Steps

Genomics RNAdvance Tissue Workflow

機能

  • 多様な組織から96ウェルフォーマットで高品質な完全長RNAを抽出および精製
  • ゲノムDNAなどの不純物を効率的に除去
  • 遠心分離や吸引濾過は不要
  • 有機抽出手順なし
  • マニュアル処理だけでなく自動処理もサポート
  • 8~96個のサンプルを処理可能(スパン8構成のBiomek NXワークステーションの場合)

用途:組織からの完全長RNA抽出
下流解析法:qRT-PCR、マイクロアレイ解析

プロセス概要


マニュアル処理:A. 溶解緩衝液へ組織を添加 B. 機械による均質化およびPK分解。
自動処理またはマニュアル処理の続き:1. 緩衝液を追加 2. 浮遊物から磁気ビーズを分離し
エタノールで洗浄 3. DNアーゼI(オプション) 4. 再結合緩衝液を追加(オプションのDNアーゼ手順の実施時のみ必須)
5. 浮遊物から磁気ビーズを分離しエタノールで洗浄 6. 溶出

多様な組織

完全長RNAの分離能力は、RNアーゼ内因性レベルや特定組織の線維性または脂質の豊富さなど、様々な要因によって組織の種類ごとに大きくことなります。Agencourt RNAdvance Tissue手順では、多様な組織サンプルを適切に処理できることが示されています。図3に、線維性組織および脂肪組織を含む5種類の組織から抽出で得られたRNAの回収率を示します。



図3. Agencourt RNAdvance Tissueシステムを用いて、Biomek NX Span-8上で数種類のラット組織から完全長RNAを抽出した。回収率は組織1mgあたりのµg単位で示す。
肝組織ではN = 24、その他すべての組織ではN = 8であった。

製品仕様

Application Uses RNA Isolation, RNA Extraction, RNA Sequencing, Nucleic acid sample prep
Format Liquid
Starting Sample Material Tissue
Automated Available Yes
Item Specifications Referenced A32646

Citations

Gill, C., Phelan, J. P., Hatzipetros, T., Kidd, J. D., Tassinari, V. R., Levine, B., . . . Vieira, F. G. (2019, April 30). SOD1-positive aggregate accumulation in the CNS predicts slower disease progression and increased longevity in a mutant SOD1 mouse model of ALS. Scientific Reports, 9(6724). doi:10.1038/s41598-019-43164-z

  • Used to extract RNA from mouse tail

Nakhuda, A., Josse, A. R., Gburcik, V., Crossland, H., Raymond, F., Metairon, S., . . . Timmons, J. A. (2016, August 2016). Biomarkers of browning of white adipose tissue and their regulation during exercise- and diet-induced weight loss. The American Journal of Clinical Nutrition, 104(3), 557–565. doi:10.3945/ajcn.116.132563

  • Used to extract RNA from human muscle

Disclaimer: Beckman Coulter makes no warranties of any kind whatsoever express or implied, with respect to this protocol, including but not limited to warranties of fitness for a particular purpose or merchantability or that the protocol is non-infringing. All warranties are expressly disclaimed. Your use of the method is solely at your own risk, without recourse to Beckman Coulter. Not intended or validated for use in the diagnosis of disease or other conditions. This protocol is for demonstration only, and is not validated by Beckman Coulter.

資料

Title Description
{7F90D59A-2B0F-4263-9E46-EE6BAB559DDB}
{7F90D59A-2B0F-4263-9E46-EE6BAB559DDB}
{7F90D59A-2B0F-4263-9E46-EE6BAB559DDB}
{7F90D59A-2B0F-4263-9E46-EE6BAB559DDB}
{7F90D59A-2B0F-4263-9E46-EE6BAB559DDB}
{A7DF4F56-8AF9-4BF1-88BE-766AB73FBC6B}
{7F90D59A-2B0F-4263-9E46-EE6BAB559DDB}
{442DF88C-CA7F-4B78-AF75-9D2B985534C0}
{7F90D59A-2B0F-4263-9E46-EE6BAB559DDB}
{B14306BD-BB46-4B27-BF3E-B11862085BC7}
{B14306BD-BB46-4B27-BF3E-B11862085BC7}
{B14306BD-BB46-4B27-BF3E-B11862085BC7}


Technical Documents