細胞からの分離

Agencourt RNAdvance Cell v2はSPRI(Solid Phase Reversible Immobilization:可逆固定法)常磁性ビーズベーステクノロジーに基いており、高収率で最高品質の純粋な核酸が安定して得られることで知られています。このシステムでは濾過や遠心分離を行うことなく、高い回収率で安定して高純度のRNAが得られます。本試薬キットは、マイクロアレイ解析とリアルタイムqPCR解析用のトータルRNAを単離するためのオートメーション対応プロセスです。

Choose a From Cells Model

RNAdvance Cells Workflow Steps

Genomics RNAdvance Cell v2 Workflow

機能

  • 培養細胞から96ウェルフォーマットで高品質な完全長RNAを抽出および精製
  • ゲノムDNAなどの不純物を効率的に除去
  • 遠心分離や吸引濾過は不要
  • 遺伝子発現用途に最適
  • Biomek NXPおよびFXPラボ自動化ワークステーションのマニュアル処理方法および全自動化方法に対応
  • 処理能力 約2時間15分で96ウェルプレート2枚(Biomek FXPの場合)

用途:培養細胞からのRNA抽出
下流解析法:qRT-PCR、マイクロアレイ解析

プロセス概要


1. 培養細胞または初代細胞から開始する 2. 溶解緩衝液およびプロテイナーゼKで培養細胞を溶解し新しいプレートへ分注する 3. 完全長RNAを常磁性ビーズに結合させる 4. ビーズから不純物を分離し洗浄緩衝液およびエタノールで洗浄する 5. DNアーゼを添加してゲノムDNAを分解する 6. 洗浄緩衝液によりRNAをビーズに再結合させて不純物を除去する 7. 70%エタノールで磁気ビーズを洗浄し残留不純物を除去する 8. 磁気粒子からDNAを溶出する

 

高い核酸回収率

Agencourt RNAdvance Cell v2抽出法では、他社製品のRNeasy*やMagneSil*の方法と比べ、同じ細胞数でも常により多くの完全長RNAを回収することができます(図1)。

図1. 5x104 HeLa細胞からAgencourt RNAdvance Cell v2システム、RNeasyキット、MagneSilキットのそれぞれで完全長RNAを分離した。定量化はRiboGreen*アッセイにより行った。Agencourt RNAdvance Cell v2の回収率は、他社製品のRNeasyおよびMagneSilに比べ一貫して高かった。


高品質なRNA精製

 完全長RNAの品質について、Agencourt RNAdvance Cell v2システムをRNeasyキットおよびMagneSilキットと比較しました。Agilent* 2100バイオアナライザーを用いてサンプルを分析した結果、Agencourt RNAdvance Cell v2により分離したRNAのRIN(RNA Integrity Number)スコアは他の手法と比べ一貫して高いことがわかりました(図2)。RIN RNA品質スコアの詳細については「Genomics and Proteomics v.4; no 5, pp.14– 21」を参照してください。


図2.  Agilentバイオアナライザー2100 RNA NanoChipを用いてRNAサンプルを分離した。5 x 104 HeLa細胞から(A)Agencourt RNAdvance Cell v2システム、(B)RNeasy、または(C)MagneSil(標準プロトコル)で完全長RNAを分離した。平均RIN(RNA Integrity Number)は、Agilent 2100バイオアナライザーにより測定した(キットごとに5 x 104 HeLa細胞に対し抽出を5回繰り返して行った)。

製品仕様

Application Uses RNA Isolation, RNA Extraction, RNA Sequencing, Nucleic acid sample prep
Format Liquid
Starting Sample Material Cultured Cells
Automated Available Yes
Item Specifications Referenced A47943

Citations

Hore, T. A., von Meyenn, F., Ravichandran, M., Bachman, M., Ficz, G., Oxley, D., . . . Reik, W. (2016, October 25). Retinol and ascorbate drive erasure of epigenetic memory and enhance reprogramming to naïve pluripotency by complementary mechanisms. PNAS, 113(43), 12202-1207. doi:10.1073/pnas.1608679113

  • Used to extract RNA from ESC and EpiSC cell lines

Mesnage, R., Phedonos, A., Biserni, M., Arno, M., Balu, S., Corton, J. C., . . . Antoniou, M. N. (2017, October). Evaluation of estrogen receptor alpha activation by glyphosate-based herbicide constituents. Food and Chemical Toxicology, 108, 30-42. doi:10.1016/j.fct.2017.07.025

  • Used to extract RNA from MCF-7 cells

Disclaimer: Beckman Coulter makes no warranties of any kind whatsoever express or implied, with respect to this protocol, including but not limited to warranties of fitness for a particular purpose or merchantability or that the protocol is non-infringing. All warranties are expressly disclaimed. Your use of the method is solely at your own risk, without recourse to Beckman Coulter. Not intended or validated for use in the diagnosis of disease or other conditions. This protocol is for demonstration only, and is not validated by Beckman Coulter.

Documentation and Related Materials

Title Description
{279C6CA2-9797-4CFE-9CAA-5EAFAC29B60D}
{7F90D59A-2B0F-4263-9E46-EE6BAB559DDB}
{7F90D59A-2B0F-4263-9E46-EE6BAB559DDB}
{7F90D59A-2B0F-4263-9E46-EE6BAB559DDB}
{A7DF4F56-8AF9-4BF1-88BE-766AB73FBC6B}
{7F90D59A-2B0F-4263-9E46-EE6BAB559DDB}
{7F90D59A-2B0F-4263-9E46-EE6BAB559DDB}
{B14306BD-BB46-4B27-BF3E-B11862085BC7}
{B14306BD-BB46-4B27-BF3E-B11862085BC7}
{B14306BD-BB46-4B27-BF3E-B11862085BC7}


Technical Documents