RNAdvance Cell v2

培養細胞からのRNA抽出

RNAdvance Cell v2はSPRI磁性ビーズを用いた、MRC-5, ACHN, HCT116, PANC1など様々な培養細胞(浮遊細胞・付着細胞)からのRNA抽出に対応する試薬キットです。組織または5万cells以上の培養細胞はRNAdvance Tissue、培養細胞からのDNA抽出はDNAdvanceがそれぞれ対応製品となります。

  • 高収量・高品質の抽出RNAは、NGS, PCRなどの解析に使用可能
  • 培養細胞 5万cells以下のほか、追加プロトコルでDNA/RNAの同時抽出にも対応
  • 低コストかつ自動処理に対応し、96ウェルプレートでのハイスループット抽出に好適

核酸抽出・精製試薬キットのカタログはこちら

本製品の使用にはマグネットアクセサリが必要です。

製品モデル

RNAdvance Cell v2 ワークフロー

Genomics RNAdvance Cell v2 Workflow

製品特徴

製品概要

培養細胞からマイクロチューブまたは96ウェルプレートを用いて分解の少ないRNAを抽出

対応サンプル

5万cells以下の培養細胞からのRNA抽出に対応。5万~200万cellの抽出には、RNAdvance Tissueご使用ください。

抽出の自動化

手動抽出実験だけではなく、Biomekによる自動抽出処理にも対応可能。

製品仕様

Application Uses RNA Isolation, RNA Extraction, RNA Sequencing, Nucleic Acid Sample Prep
Format Liquid
Starting Sample Material Cultured Cells
Automated Available Yes
Item Specifications Referenced A47943

引用文献

Hore, T. A., von Meyenn, F., Ravichandran, M., Bachman, M., Ficz, G., Oxley, D., . . . Reik, W. (2016, October 25). Retinol and ascorbate drive erasure of epigenetic memory and enhance reprogramming to naïve pluripotency by complementary mechanisms. PNAS, 113(43), 12202-1207. doi:10.1073/pnas.1608679113

  • ESC および EpiSC セルラインからのRNA抽出に使用

Mesnage, R., Phedonos, A., Biserni, M., Arno, M., Balu, S., Corton, J. C., . . . Antoniou, M. N. (2017, October). Evaluation of estrogen receptor alpha activation by glyphosate-based herbicide constituents. Food and Chemical Toxicology, 108, 30-42. doi:10.1016/j.fct.2017.07.025

  • MCF-7 細胞からのRNA抽出に使用

免責事項:ベックマン・コールターは、本プロトコルに関して、明示的にも黙示的にも、いかなる種類の保証も行いません。これには、特定の目的への適合性、商品性、または本プロトコルが非侵害であることの保証を含みますが、これに限定されません。すべての保証は明示的に否認されます。この方法の使用は、ベックマン・コールターに頼ることなく、もっぱらお客様自身の責任で行ってください。本プロトコルは、病気やその他の状態の診断に使用することを意図したものではなく、また検証されたものでもありません。本プロトコルはデモンストレーション用であり、ベックマン・コールターによって検証されたものではありません。

技術資料