RNA/cDNAの精製

RNAClean XP

ベックマン・コールター独自のSPRI磁性ビーズテクノロジーを用い、酵素反応後のRNA/cDNAを精製します。

  • マニュアル・自動化にも最適
  • 塩、未反応のプライマー、dNTPを確実に除去
  • RNA-Seqライブラリ調製にも使用可能
  • RNaseフリー

試験成績証明書(COA)のダウンロード ページ上部にある検索窓でロット番号を検索の上、ダウンロードしてください。

※サンプル提供のお申込みはこちらよりお問い合わせください。

※クイックマニュアル(日本語)はこちらよりご確認ください。

Choose a RNA and cDNA Model

RNAClean XP 実験ステップ

Genomics RNAClean XP Workflow

機能

高収率・高精製度でのRNA精製

 

Agencourt RNAClean XPは、cDNA合成やin vitro転写反応などの酵素反応後の核酸を精製を簡単かつフレキシブルに、高い再現性を持って行うことができます。

 

Agencourt RNAClean XPの特徴

 

  • 核酸生成物を大小問わず精製
  • 塩分、非結合プライマー、dNTPを完全に除去
  • 単純で自動化しやすいプロトコル
  • 遠心分離・濾過・沈殿の手順は不要
  • 水溶液に溶出
  • cDNAとcRNAの両方を精製可能
  • 処理能力を拡張可能

高回収率


Agencourt AMPure XP精製システムでは、100 bpより大きなアンプリコンを高い再現性で一貫して回収できます。小~大サイズのアンプリコン向けのAgencourt AMPure XPキットは、従来の濾過PCRクリーンアップ法に比べ回収率が優れています(図1)。

Agencourt RNAClean XPの特徴簡単に自動化

Agencourt AMPure XPのPCR後クリーンアップは、3種の当社製リキッドハンドラー(Biomek 4000、NXP、FXP)のプロセスを拡張可能にするため自動化されています。自動化機能はLIMS互換であり、クイックスタートアップメニュー、デッキ設定ガイドメニュー、メソッド復元メニュー、手順メニューを付きの使いやすいインターフェイスが備わっています。


製品仕様

Application Uses Purification & Clean-up, RNA Clean-up, cDNA Clean-up, IVT cleanup
Format Liquid
Starting Sample Material RNA or cDNA
Automated Available Yes
Item Specifications Referenced A63987

Citations

Donega, V., Burm, S. M., van Strien, M. E., van Bodegraven, E. J., Paliukhovich, I., Geut, H., . . . Hol, E. M. (2019). Transcriptome and proteome profiling of neural stem cells from the human subventricular zone in Parkinson’s disease. Acta Neuropathologica Communications, 7(4). doi:10.1186/s40478-019-0736-0

  • Used to clean up amplified RNA

Warner, A. D., Gevirtzman, L., Hillier, L. W., Ewing, B., & Waterston, R. H. (2019, May 23). The C. elegans embryonic transcriptome with tissue, time, and alternative splicing resolution. Genome Research. doi:10.1101/gr.243394.118

  • Used to clean up RNA post rRNA removal

Caro-Vegas, C., Bailey, A., Bigi, R., Bamania, B., & Dittmer, D. P. (2019, January/February). Targeting mTOR with MLN0128 Overcomes Rapamycin and Chemoresistant Primary Effusion Lymphoma. mBio, 10(1), e02871-18. doi:10.1128/mBio.02871-18

  • Used to clean up fragmented RNA and cDNA 

Disclaimer: Beckman Coulter makes no warranties of any kind whatsoever express or implied, with respect to this protocol, including but not limited to warranties of fitness for a particular purpose or merchantability or that the protocol is non-infringing. All warranties are expressly disclaimed. Your use of the method is solely at your own risk, without recourse to Beckman Coulter. Not intended or validated for use in the diagnosis of disease or other conditions. This protocol is for demonstration only, and is not validated by Beckman Coulter.

資料



Technical Documents