Biomek i7

 チップ自動分注機

高い収容能力で、よりハイスループットなワークフローに対応

  • ハイスループット 
  • 最大デッキ数:45ポジション
  • 分注レンジ:0.5~5,000 µL
  • シングル/デュアルヘッド

カタログ・消耗品・アプリケーション情報:

  Biomek i-Series 製品カタログ
  Biomek用ピペットチップ
  アプリケーション情報:Echo×Biomek - NGS自動化ソリューション
  アプリケーション情報:Biomekによるスマートラボの構築
     (動画:新型コロナウイルスへの京大病院の挑戦)

製品モデル

特長

互換性のあるワークスペース

  • グリッドベースのデッキを備えた省スペースでオープンなプラットフォーム
  • 最大デッキ数:45ポジション
  • 内部LED照明
  • 自動ラボウェア・ポジショナー(ALP)によるプレート処理を実現
  • オプションの閉鎖モデルにより、気中粒子からのサンプル保護が可能
  • 4D インテグレーション機能
  • 特殊なアプリケーションも設定可能

柔軟な分注とワークフロー管理

  • マルチチャンネルヘッド(96/384/ピンツール)やSpan-8分注ヘッドを備えた、シングル/デュアルアームによる多重構成が可能
  • 大容量1 mLマルチチャンネルヘッド
  • 独自設計のオフセット回転グリッパーによる高アクセス
  • ディスポーザブルおよび固定型のBiomekピペットチップの使用が可能(セプタムピアッシングにも対応可能)
  • 0.5~5,000 µLの溶液をトランスファー可能
  • Span-8のプローブの独立したキャリブレーション
  • 8チャンネルの液面検知機能
  • チューブから1,536ウェルマイクロプレートにおよぶラボウェアをサポート
  • 正確なウェル内ピペッティング

シンプルなシステム操作

  • 既存のプロセスの自動化や迅速なワークフローの変更を容易に実施
  • データトラッキング機能やLIMS接続機能を備えたアイコンベースのソフトウエア搭載
  • OSはWindows 10 対応
  • プロセスの管理およびスケジュール作成を行うソフトウエアを用いてウォーク/アウェイ操作を拡張可能
  • ガイド付のシステムセットアップ
  • デッキ配置を自動化
  • データにより決定される、ヒットピッキングやノーマライズなどの操作メソッド
  • ライトカーテンによる安全機能
  • ステータスライトバーによるシステムの状態表示
  • ライブ、リモート監視、エラー発生時の録画が可能なオンボードカメラ

アプリケーションに焦点を合わせたソリューション

  • ワークフロー分析に関するコンサルティングの依頼が可能
  • エキスパートアプリケーション&テクニカルサポート
  • ゲノム、創薬研究、基礎研究のワークフローのための実証済みBiomek自動化メソッドおよび機能

製品仕様

Minimum Table Support Requirements 1xcm(0xin)
Pod and Tool Type 1μL - 300 μL 96-Channel Head; 5 μL -1200 μL 96-Channel head; 0.5 μL - 60 μL Multichannel-384 Head
Tip Type T30_384; T25F_384; T50_384; T40F_384; T80_384; T40F; T80_LLS; T40F_LSS; T90; T50F; T90_LSS; T50F_LLS; T230; T230_LSS; T190F_LLS; T230_WB; T1070; T1020_WB
Operating System Windows® 10
Software Biomek software, SAMI EX scheduling software, Biomek PowerPack software, Biomek Method Launcher, DART 2.0 software
Display 22" controller screen
Operating Modes Semi-automated, manual, controlled by operator
Item Specifications Referenced B87580

関連資料

絞り込み:
 
Automation Drug Discovery Brochure Drug discovery is all about the numbers. A sometimes overwhelming amount of numbers. Maintaining traceability of billions of cells or hundreds, maybe thousands of compounds. Library screening and hit identification. Countless hours spent at the bench, followed by dozens more hours spent mining millions of data points.
BeckmanConnect Security Highlights This document highlights the privacy and security features in the BeckmanConnect remote management solution.
Automating Cell Line Development for Biologics Cell line development is a highly-involved, multi-week workflow that involves the plating, screening, and expansion of single cell-derived clones to establish a protein-expression cell line
Fully-Automated Cellular Analysis by Flow Cytometry Poster The Biomek i7 Automated Workstation was used to automate the complete cellular workflow for induction and analysis of apoptosis in two cancer lines
Efficient Factorial Optimization of Transfection Conditions Poster Automate the creation of 96 factorial combinations of different transfection reagents, concentrations, and cell numbers to improve transfection efficiency

技術資料