AQUIOS STEM の時間短縮&エラー削減効果

このページでは、AQUIOS STEMシステムとFC500* Stem-Kit による幹細胞解析ワークフローを比較し、AQUIOS STEMシステムがいかに時間を短縮し、エラーを削減できるかをご確認いただけます。

1 サンプルに必要な時間

QCに必要な時間

エラーとなりうる要因

1週間でQCに要する時間

*届出番号:13B3X00190000018 サイトミクスFC500シリーズ
**FC500とStem-Kitを用いた造血幹細胞数測定法

免責事項:

結果は、入力していただいた内容に基づいた概算値です。実際の所要時間やミスの削減効果は、これとは異なる可能性があります。比較ツールの利用により、ツールにご入力いただいた情報の使用と共有に同意したものとみなします。この情報はいかなる第三者にも提供いたしません。

 

計算の方法について詳しく知りたい場合は、「AQUIOS STEM vs Stem-Kit ワークフロー比較」に関するページをご参照ください。

お見積りのご依頼や AQUIOS STEMシステムの詳細情報についての
お問合せは、下記のフォームをご利用ください。