細胞株開発のための統合されたソリューション

創薬スクリーニング、遺伝子機能研究、細胞株選択および安全性評価研究では、モノクローナル抗体、イオンチャネル、GPCRなどの遺伝子組換えターゲットを発現する安定細胞株や一過性発現細胞株が一般に使用されます。細胞株を開発するプロセスでは、まず選択した宿主細胞(通常はCHOまたはHEK 293細胞)を望ましいプラスミドでトランスフェクトし、その後、細胞機能、収率および安定性に基づいてスクリーニング、選択を行います。選択後、その用途に応じて、細胞株またはその細胞により産生されたタンパク質を用いて検証します。手動によるスクリーニングには時間と労力がかかり、ヒューマンエラーを引き起こすため、ハイスループットの自動化されたスクリーニングソリューションが強く求められています。

ベックマン・コールターのBiomekワークステーションは、細胞株開発ワークフローのそれぞれの重要なステップを行うための、ハイスループットの自動化プラットフォームを提供します。

  • 安定細胞株の開発
  • 一過性発現細胞株の開発

お問い合わせ









商品・サービス情報やWEBセミナー、展示会などのベックマン・コールターからのからのお知らせを希望しますか?

お客さまからご提供いただいた個人情報を尊重し、個人情報の保護に努めております。詳細は 個人情報保護方針サイト利用規約をご確認ください。