ANATEL PAT700

 オンライン・オフライン兼用型

ANATEL PAT700 TOC計は、精製水/注射用水の全有機炭素および導電率のオンラインモニタリングに関する薬局方の要件の準拠に役立つよう、特化した設計となっています。

  • 導電率や温度による補償を必要としないTOCを1台で分析 - 薬局方指定の校正試験およびシステム適合性試験が可能で、USP<643>およびUSP<645>準拠の検証済み
  • 低所有コストー12か月間隔でメンテナンスを実施
  • 根本的な分析のサポート – TOCの逸脱発生時の、水サンプルの自動採取
  • PAT700にはすべてのSOPがプレロードされており、画面上の画像や指示により、ユーザーを段階的にリードします。

Explore ANATEL PAT700 Models

特長

低所有コスト

  • 12か月間隔のメンテナンスを、装置内蔵のUV酸化用のメインランプとスタンバイランプの自動切換え機能と、UV出力モニタリング機能でサポート
  •  試薬やキャリアガスが不要 - PAT700がサンプル水中の有機性化合物の酸化に使用するのは、強力なUVランプのみ
  •  置換用の蠕動ポンプのチューブ/ヘッドの使用を省略 - PAT700は分析時の測定セルへのサンプルの圧送に、水圧システムを使用

 

根本的な分析のサポート

  • TOC値の警報設定することにより、オンラインモニタリングしているサンプル水のTOC値が逸脱発生をいち早く確認することができます。
  • PAT700内蔵のグラブサンプラーを用いて採取したサンプルをオフライン測定することで、オンラインモニタリングしている箇所以外のTOC値の確認ができます。

コンプライアンスの向上

  •  PAT700は、TOCに関するUS<643>、および導電率に関するUSP<645>準拠に対応する、完全な校正と検証が可能です。
  •  EP2.2.44の要件に対応する完全酸化方式 - PAT700における酸化のダイナミックエンドポイント検出により、製薬用水中に含まれる有機性化合物を完全に酸化しTOC値を測定いたします。
  •  21CFR part 11準拠 - ユーザーは権限の異なる複数階層のアカウントを設定し、PAT700で測定したTOCおよび導電率の測定結果を毎日確認できます。初期設定、その後の変更された設定および履歴もまた、複数の階層レベルを伴うアカウントおよびパスワードにより保護されます。

トレーニングの負担を削減 - マニュアルの計算/データ入力は不要

  • PAT700にはすべてのSOPがプレロードされており、画面上の画像や指示により、ユーザーを段階的にリードします。
  • 校正試験およびシステム適合性試験などに用いる標準試薬はすべて、ボトル上のRFIDタグに認証値データおよび使用期限がプログラムされております。画面上のSOPに続き、ユーザーにはボトルをロードするよう指示が出され、次にPAT700はボトル上のRFIDタグを読み取ります。ボトルが誤った順序でロードされた場合や、使用期限が切れていた場合は、PAT700はタッチスクリーン上に警告を表示します。次にPAT700は認証値のアップロード後に測定を実行し、pass/fail(合否判定)の結果を自動的に算出し、レポートを提供します。

製品動画

 

製品仕様

Industry Standards USP <643>, EP <2.2.44>, 21 CFR Part 11
Fluid Compatibility Purified water, Water for injection (WFI)
Online Operation Sample inlet pressure 10 to 100psi (0.69 to 6.89Bar)
Detection Differential conductivity
Reporting ppb TOC │ µS/cm
Item Specifications Referenced PAT700200

技術資料