ハーベストライナー

目的に合った優れた製品を導入することで、驚異的な結果が得られることがあります。安全で効率的なワークフローは、サンプルの品質と同じくらい重要です。ベックマン・コールターのHarvestLine 滅菌ハーベストライナーを導入することで、様々なステップでの遠心処理の工程数を削減し、高品質なサンプルを安全に回収することができます。

ハーベストライナーを使用することで、余分な遠心処理や、ボトル洗浄、凍結・回答のための追加時間などの面倒な遠心処理の工程が不要になります。さらに、自由度の高いポリエーテルウレタン素材のため、サンプルをより効率的に保存できます。

当社のハーベストライナーは滅菌・非滅菌の2種類があり、以下の用途に理想的です。

  • バクテリアや酵母の回収
  • ライセートの清澄化
  • ワクチン成分の単離や回収
  • 細胞やデブリスの沈降
  • マイクロサイズ粒子のペレット化
  • タンパク質の分離
  • 菌体のペレット化
  • 組織ホモジネートの清澄化

 

サンプルの回収方法

ハーベストライナーの特長

最小限の感染性サンプルへの接触

逆止弁を備えているため、一度入れたサンプルが漏れ出すことはありません。また、ペレットはハーベストライナー内にとどまるため、感染性サンプルへの接触を最小限に抑えることができます。

コンタミネーション・リスクの低減

ハーベストライナーは最大限の生体適合性を示すので、貴重なサンプルへのコンタミネーションのリスクを最小限に抑えます。

冷凍保存の省スペース化

自由度の高いポリエーテルウレタン素材(USP 23 Class Ⅵ)のため、折りたたんだり、ヒートシールして余分な部分をカットしたりすることで、省スペースで冷凍保存が可能です。

容易なペレット回収と最低限のボトル洗浄

ペレットはハーベストライナー内にとどまるため、デカンテーション後にライナーをボトルから引き抜くだけでペレットの回収が可能です。また、サンプルがボトルと接触しないため、基本的にボトルの洗浄が不要となります。

Choose a Harvest Line System Model

チューブとボトルの種類

チューブおよびボトルの選定ガイド

プロトコールに適したチューブやボトルを選択することは難しい場合もありますが、プロトコールの要件や後述する要素について検討することで、この選択は簡単になります。
様々なステップでの遠心処理の工程数を削減し、高品質なサンプルを安全に回収します。

オープントップチューブ

材質、容量、使い捨てまたは再使用可能など、サンプルを簡単に充填・回収できる様々なタイプのオープントップチューブを提供しています。

密閉式チューブ

ベックマン・コールターのOptiSealチューブおよびQuick Sealチューブは、ツール、加熱、密閉検査を行うことなく、いつでも素早く確実に封をすることができます。

特殊なチューブ

耐化学薬品や耐熱のステンレス製チューブや、使い捨て透明チューブ、少量ペレッティング用のスナップキャップ・イージーシールのコニカルチューブなどの特殊なチューブを提供しております。

ボトル&大容量チューブ

大容量のペレット化、タンパク質の精製、DNAの単離、サンプルの保管など、あらゆる用途に適したボトルおよびアクセサリを提供しています。

Technical Documents