密度勾配超遠心分離法を用いたエクソソームのサブクラス解析 -先生のプロフィール・施設ご紹介ー

先生のプロフィール

 

芝 清隆 先生

公益財団法人がん研究会がん研究所
蛋白創製研究部
部長

 

略歴

1981年●京都大学理学部 卒業
1986年●同大学大学院理学研究科博士課程後期修了、理学博士取得
1986年●国立放送教育開発センター 講師
1987年●東京大学理学部生物化学教室 助手(RNAの分子生物学)
1989年●マサチューセッツ工科大学生物学部 博士研究員(タンパク質工学)
1991年●財団法人癌研究会癌研究所 細胞生物部 研究員
2001年●公益財団法人がん研究会がん研究所 蛋白創製研究部 部長
現在に至る


 

岩井 千弥 先生

公益財団法人がん研究会がん研究所
蛋白質創製研究部
研究生
東京歯科大学口腔インプラント学講座

略歴

2011年●東京歯科大学 卒業
2012年●東京歯科大学臨床研修歯科医 修了
2012年●東京歯科大学大学院歯学研究科(口腔インプラント学)
2012年●公益財団法人がん研究会がん研究所(蛋白創製研究部 研究生)
2016年●東京歯科大学大学院歯学研究科 博士課程修了 博士(歯学)
2016年●東京歯科大学水道橋病院(口腔インプラント科 レジデント)
現在に至る



 

山本 恵史 先生

公益財団法人がん研究会がん研究所
蛋白質創製研究部
研究生
東京歯科大学口腔インプラント学講座

略歴

2013年●東京歯科大学 卒業
2014年●東京歯科大学臨床研修歯科医 修了
2014年●東京歯科大学大学院歯学研究科(口腔インプラント学)
2014年●公益財団法人がん研究会がん研究所(蛋白創製研究部 研究生)
現在に至る


施設紹介


公益財団法人がん研究会

がん研究所

所在地:東京都江東区有明3-8-31

がん研究会は、1908年に"がんの撲滅をもって人類の福祉に貢献する"目的で結成された、民間の非営利組織です。長い募金運動が実り、1934年に日本最初のがん研究所と病院が創立されました。以来がん研究会は、日本のがん研究とがん治療の振興のために、常にその先頭に立って活動を繰り広げてきています。