エクソソーム研究における基本と今後の展望 -先生のプロフィール・施設紹介ー

先生のプロフィール


落谷 孝広 先生

国立研究開発法人 国立がん研究センター研究所
分子標的研究グループ 分子細胞治療研究分野
主任分野長

 

 

 

 

 

略歴

1988年●大阪大学大学院医学研究科博士課程修了(医学博士)
1988年●大阪大学細胞工学センター 助手
1991年●米国カリフォルニア州ラホヤ癌研究所(現バーナム医学研究所)にてポストドクトラルフェロー
1992年●国立がんセンター研究所(分子腫瘍学部 主任研究員)
1993年●国立がんセンター研究所(分子腫瘍学部 室長)
1998年●国立がんセンター研究所(がん転移研究室 独立室長)
2010年●国立がん研究センター研究所(分子細胞治療研究分野 分野長)
2014年●国立がん研究センター研究所(分子細胞治療研究分野 主任分野長)
現在に至る





吉岡 祐亮 先生



国立研究開発法人 国立がん研究センター研究所
分子標的研究グループ 分子細胞治療研究分野
研究員

 

 

 

 

 

略歴

2008年●早稲田大学教育学部理学科生物学専修卒業
2010年●学術振興会特別研究員(DC1)
2013年●早稲田大学大学院先進理工学研究科 博士課程修了 博士(理学)
2013年●国立がんセンター研究所(分子細胞治療研究分野 がん研究特別研究員)
2015年●国立がんセンター研究所(分子細胞治療研究分野 研究員)
現在に至る


施設紹介


国立研究開発法人

国立がん研究センター研究所

所在地:東京都中央区築地5-1-1

国立研究開発法人国立がん研究センター研究所・分子細胞治療研究分野では、がんに対する新しい診断・治療方法に関する研究を薬学系、農学系、理学系、工学系出身のポスドクや技術補助員、臨床医や学生、留学生、製薬や食品の企業研究院など、様々なバックグラウンドを持つ約25人のスタッフで精力的に行っている。研究室では複数の研究テーマを扱っているが、エクソソーム、miRNA、がん幹細胞、というキーワードをもとに、がん悪性化メカニズムの解明からがん診断や治療への応用まで、多方面からのアプローチを行っている。