透過処理を伴う溶血

フローサイトメトリーの結果の再現性を確保する細胞外染色用の完全、包括的なワークフローソリューション。

 

人気のある製品

PerFix-nc

PerFix-ncキット(遠心分離不要キット)は、細胞内染色のシグナル-ノイズ比を向上させ、サンプル調製に必要なワークロードを簡略化できるよう開発されました。細胞内外の両方のエピトープを正確に検出しながら、同時に以下も実現しています。

  •  STRAIGHT手順全体を通して洗浄手順なし(最終洗浄手順のみオプションとして記載)。
  • 透過処理手順中に細胞内マーカーと合わせて数種類の表面マーカーを添加し、同時にインキュベート可能。
  • 総所要時間および総ワークロードは最新の表面染色手順(例:VersaLyse+固定、洗浄なし)と同様であり、一般的な透過処理手順よりはるかに短時間。
  • 洗浄手順がないため、PerFix-nc STRAIGHT手順をオートメーション化可能。

PerFix EXPOSE

本製品は高ストリンジェンシー試薬であり、固定、赤血球溶血、透過処理によるリン酸-エピトープの検出を可能にします。また、細胞外マーカーおよび細胞内マーカーとリン酸-エピトープを同時に染色することもできます。
IntraPrep Permeabilization Reagentは、フローサイトメトリーで細胞内白血球抗原を免疫検査により検出するための、すぐに使用可能な2つの試薬のセットです。ホルムアルデヒド/サポニンによる透過処理手順を採用しています。IntraPrep Permeabilization Reagentは、全血サンプルに含まれるほとんどの細胞質抗原および核抗原の検出に使用できます。細胞の全体的な形態には影響を与えることなく、膜に孔を生じさせます。本試薬システムにより、処理中も二重散乱光ヒストグラムにおける各細胞種の分解力は適切に維持されます。標準的な手順では、まず試薬1で細胞を固定し、次に試薬2を使用して白血球を透過処理し、赤血球を溶血します。試薬の調合は、非特異的な細胞内染色を最低限に抑えるよう最適化されています。IntraPrep Permeabilization Reagentにより、フローサイトメトリーで細胞表面と細胞質の抗原を同時に検出可能です。