Echo 525

 非接触・微量自動分注機

生化学・ゲノミクス分野の微量分注に

  • 最少可能分注量 25 nL
  • 音波を用いた非接触分注により微量サンプルを正確に分注
  • 水系(バッファー・試薬)の分注に対応
  • 創薬アッセイソリューション・ゲノミクス解析などに

アプリケーション情報:

  Echoアコースティックテクノロジー
  合成生物学のためのEchoアコースティック分注機
  Echo×Biomek - NGS自動化ソリューション

カタログ:

  アコーステック微量分注 Echoシリーズ製品カタログ
  Echo 合成生物学アプリケーションカタログ
  Echo 消耗品カタログ(英文)
  Echo ソフトウェアアプリケーションカタログ(英文)

製品モデル

新しい液体分注の考え方

Echo 525は、生化学分析用試薬およびゲノミクスサンプルの分注に特化して設計された、初の高速アコースティックリキッドハンドラーです。Echo 525リキッドハンドラーおよびEchoソフトウエア・アプリケーションの導入により、すぐにプロトコルの作成と実行ができるため、煩雑な手順を覚える必要がなく、研究者の皆様はデータの検討に使う時間を増やすことができます。さらに、Echoシステム用に設計されているAccess Laboratory Workstationを使用すれば、Echo 525リキッドハンドラーのユーティリティを拡張でき、さらなる時間節約につながります。

特長

主な利点

  • 精密な微量分注により、アッセイのミニチュア化を実現
  • 従来のリキッドハンドラーよりも50~100倍も速くアッセイ系を構築できるため、たった1台でラボの生産性を高めることが可能
  • Echoソフトウエア・アプリケーションが、多様なアプリケーションにおいて複雑なプロトコルの作成をサポート
  • アッセイの成功を妨げるピペッティングによるばらつきを排除
  • Labcyte Access Laboratory Workstationとのインテグレーションにより、スループットを向上させることが可能

複雑なアッセイを迅速に構築

Echo 525リキッドハンドラーの柔軟性、スピード、正確性、および精度は、従来のリキッドハンドラーでは不可能だったアッセイの構築を可能にしました。アコースティック音響エネルギーを採用し、チップやピンツールを用いた従来のリキッドハンドラーが直面していた制約を解消したのです。1度のランで、1枚のソースプレートから様々な液量および粘性粘度の液体を分注し、アッセイ構築を行うことができます。Echoリキッドハンドラーなら、プレート位置が固定されている機器とは異なり、ウェル間で自在に液体を移動させることができるため、実験用プレートを研究者が自らデザインすることが可能で、研究者の皆様を新たな発見へと導きます。

Echo 対応のリザーバで作製した試薬を効率的に分注

Echo 対応のリザーバを用いれば、アッセイ構築や、試薬を多くのウェルに分注する操作を簡単に行うことができます。各マイクロウェルから最大で2.5 mLを分注する能力を備えており、器具を取り変えることなくアッセイを構築できるため、時間とコストを節約できます。

ゲノミクス解析用試薬の柔軟かつ確実な分注

Echo 525リキッドハンドラーは、1回の分注操作で多様な液体を扱うことができます。蒸留水、バッファー、核酸のほか、グリセロールを最大50%まで含有する試薬にも対応しています。Echo 525リキッドハンドラーは、扱える液体種類や分注量の幅広さ、ウェル間での自在な分注機能、およびパワフルなアプリケーションソフトウエアにより、次のような広範なゲノミクスアッセイのワークフローをサポートすることが可能です:

  • 遺伝子合成
  • PCRおよびqPCRアッセイのセットアップ
  • RNAおよびDNAの次世代シーケンシングのワークフロー
  • サンガー法によるシーケンシングのセットアップ
  • シングルセルサンプルの調製

動画で観るアコースティックテクノロジー

 

Echoアコースティックドロップエジェクション(ADE)のテクノロジーを動画でご紹介します。ソースプレートから上部に設置されたデスティネーションプレートへ、正確なボリュームの液滴を音波により放出する様子をご覧いただけます。

製品仕様

Drop volume 25 nL
Volume transfer range 25 nL – 5 µL one well to one well
Transfer accuracy <10% deviation from target volume
Transfer precision <8% CV
Reagents supported PCR and qPCR reagents, synthetic biology reagents, NGS reagents, primers and probes, cell culture media, proteins, nucleic acids, up to 50% glycerol, serum, plasma, and antibodies
Source labware compatibility EchoQualified 384 Polypropylene, 384 Polypropylene Plus, Reservoir, Microplates
Destination labware compatibility All Echo Qualified Microplates and most ANSI-compliant/SBS-standard microplates in 96-, 384-well formats 8 -16 mm in height. Use of 1536-well plates as destination plates is application dependent
Dimensions 53.9 cm width x 68.3 cm depth x 92.5 cm height (21.2 x 26.9 x 36.4 inches)
Weight 128 kg (283 lbs)
Working envelope Additional 25.4 cm (10 inches) on top, 2.5 cm (1 inch) on sides, 7.6 cm (3 inches) at front, 30.5 cm (12 inches) at back
Electrical AC 120V, 50/60 Hz, 10 A or AC 230V, 50/60Hz, 5 A
Operating temperature 21°C ± 5°C (70°F ± 9°F)
Vacuum House supply minimum 200 Torr (266 mbar, 22 inches Hg Vac)
OR
Standalone vacuum with surge tank, minimum pump speed 2.0 m3/hr (70.68 cu ft/hr), minimum pressure 100 Torr (133 mbar, 26 inches Hg Vac)
Fluid class calibration No calibration needed

関連資料

絞り込み:
 
Cell-free and Acoustic Liquid Handling are Helping Tierra Disrupt Natural Product Discovery If you want to disrupt the natural products market, try combining acoustic liquid handling technology with advances in cell-free approaches. In this webinar, Zachary Sun, CEO of Tierra Biosciences (formerly Synvitrobio), shares how his company is doing just that using the Echo Liquid Handler
Fully Automated RNA Library Preparation for Sequencing Respiratory Viruses In this webinar, we describe automation of the Illumina RNA Prep with Enrichment (L) Tagmentation kit using the Illumina Respiratory Virus Oligos Panel v2 on the Biomek i7 Hybrid Automated Workstation. We demonstrated/validated the method using SARS-CoV-2 positive samples collected at the Berlin Institute of Health, Berlin, DEU. Our sequencing data shows that the automated method enables comprehensive profiling of viral genome at high throughput, with minimal hands-on time.
Achieving Cell-Free Gene Expression with An Acoustic Liquid Handler This webinar is part one of a two-part series on abstract cell-free expression.
An End-to-End Automated Workflow for High-Throughput SARS-Cov-2 Sequencing and Surveillance In this webinar, we highlight the collaboration between the European Molecular Biology Laboratory (EMBL), New England Biolabs (NEB), and Beckman Coulter Life Sciences to develop an automated high-throughput NGS library prep workflow for SARS-CoV-2 surveillance using the NEBNext ARTIC SARS-CoV-2 Library Prep Kit (Illumina) and the Biomek i7 Hybrid NGS Workstation.
Echo Acoustic Liquid Handling Technology Sound waves eject precisely sized droplets from a source onto a microplate, slide, or other surface suspended above the source