ELISA OverviewELISA法は、タンパク質やその他の検出する対象の分子の有無や濃度を検出するために一般に使用される分析ツールです。直接法、間接法、サンドイッチ法、競合法のいずれを用いる場合も、ELISAプロトコールには非常に多くの分注、洗浄およびインキュベーションステップが必要となります。ELISAを自動化することで、作業負担が減り、スループットやデータの一貫性が向上します。

Biomek i-Seriesの柔軟性と汎用性により、選択したいずれの分注ワークステーションでもELISAを行い、ウォークアウェイ時間を増やしてラボの効率を高めることができます。このワークステーションは、各ウェルやプレートを正確に分注し、一貫した処理を行うことで、ヒューマンエラーを減らし、再現性を高めます。ベックマン・コールターの分注ワークステーションは、ハイスループットの処理能力を持ち、また様々なプレートやチューブをサポート、さらにHEPAフィルターエンクロージャーなどを含むアプリケーションに合わせたさまざな構成を提供しています。

Biomek Method Launcherで利用できるDeckOptix Final Checkなどの特別な機能は、初めて自動化システムを使用するユーザーの不安を軽減します。

ラベルフリー

ラベルフリーELISA分析用デバイスとのインテグレーションにより、動作やデータを記録しながらスループットを向上させます。

標識的なELISA

ELISAプレートの正確な調製と、動作やデータを記録しながらプレートごとのプロトコールに応じた処理できるワークステーション