多機能高速冷却遠心機
Avanti J-E

より少ないエネルギーで、より高い性能を。

Avanti J-E はコンパクトデザインですので、スペース制限のある場所にも最適です。コンパクトでありながら、固定角ロータ JLA9.1000を利用すると、最大4,000 mLを同時処理することができるパワフルな1台です。

  • 最大容量4本 x 1,000 mL
  • 最高回転数21,000 rpm
  • 最大遠心力53,300 xg

モデルを選択

Tech Docs Part Number Product Name Max Speed Max g-Force Maximum BioSafe List Price Buy

特長

実験時間の短縮

  • メニューからより速い加速/減速を選択することにより、プロトコール実施中に時間を節約
  • 作業面の高さやフロントパネルの形状が最適化されているため、ロータの出し入れが容易
  • スイッチリラクタンス(SR)ドライブ技術により待ち時間を短縮

サンプル防護

  • サンプルの完全性を維持するための温度の設定と管理
  • ロータの種類が充実しており、サンプルの安全な移送も可能
  • 機械設備や備品の効率が高いため、アプリケーションも有効

デザインおよび安全性

  • ラボのスペースが限られている場合でも、必要な機能をすべて提供
  • 運転時の安全のため自動リセットによる低速自動化されたロータ識別

省エネ

  • より低い熱出力で効果的なエネルギーを提供
  • メンテナンスフリーの吸気システムが、ロータ回転に伴う空気摩擦を低減し、エネルギー消費が抑制

製品仕様

BioSafe Yes
Acceleration 2 profiles, Maximum (full accleration to set speed) & Slow
Deceleration 3 profiles (max, slow & off (coast)
Speed Control ±|50.00|actual rotor speed, ±50 rpm of set speed
Timed Run 1 min to 99:59 hrs, Hold
Max Capacity Volume Range 1.00|4.00|L
Temperature Control ± 2 ° C|°C of set temperature after equilibration
Temperature Range(s) 10°C - 40°C in 1 degree increments

資料

  • Filter by:

Technical Documents