質量分析法

自動化を通じた革新的な質量分析用検体調製法

プロテオミクス研究からは、限定的で変性しやすい検体物質、および分解、ダイナミックレンジの拡大、過剰な翻訳後修飾といった問題が明らかにされています。解析対象が単一タンパク質であろうとプロテオーム全体であろうと、質量分析用の検体の調製を自動化すると、再現性の向上に役立つとともに、時間と経費の削減といった利益にもつながります。

液体自動処理システムBiomekは分注機能にダイナミックレンジを備えており、質量分析法用の検体調製の一部または完全自動化設定が可能です。

Mass Spectrometry Resources

  • Filter by:
Title Description
{442DF88C-CA7F-4B78-AF75-9D2B985534C0}
{442DF88C-CA7F-4B78-AF75-9D2B985534C0}
{442DF88C-CA7F-4B78-AF75-9D2B985534C0}
{442DF88C-CA7F-4B78-AF75-9D2B985534C0}
{442DF88C-CA7F-4B78-AF75-9D2B985534C0}
{442DF88C-CA7F-4B78-AF75-9D2B985534C0}
{A7DF4F56-8AF9-4BF1-88BE-766AB73FBC6B}
{FBC52A26-B43E-46C3-A091-65AAEFBE5885}|{8ED0B7A0-4EDF-41AC-9D0B-3950E79F42E4}
{FBC52A26-B43E-46C3-A091-65AAEFBE5885}


Contact Us


















商品・サービス情報やWEBセミナー、展示会などのベックマン・コールターからのからのお知らせを希望しますか?


お客さまからご提供いただいた個人情報を尊重し、個人情報の保護に努めております。 個人情報保護方針サイト利用規約をご確認していただき、ご同意していただける方は「はい」をチェックしてください。