遠心分離の原理

これまでに遠心分離機を使用したことはありますか。それとも、今日が新しいラボやライフサイエンス施設での新しい仕事の初日でしょうか。どのような方でも、遠心分離機とその動作原理について疑問を抱いていることと思います。

ここでは、遠心分離の基本的な動作原理の概要について説明します。遠心力を使用するとなぜ分離ができるかを理解すると、遠心機をもっとよく操作できるようになります。

遠心機は、3つの基本的なコンポーネントで構成されています。

  • ロータ 
  • ドライブシャフト 
  • モーター

ロータは、チューブ、ボトル、遠心分離する液体を含む袋を保持します。互換性を備えたさまざまなタイプとサイズのロータをドライブシャフトに取り付けることができ、このシャフトをモータに接続します。モータは、ロータを回転させる力を与えます。

通常、これらのコンポーネントは、筐体で囲まれて支えられています。筐体には、遠心機が動作中にチューブや金属部品が壊れても作業者を保護する役割もあります。操作ボタンやスピードと時間のインジケータダイヤルが、筐体に取り付けられています。多くの遠心機にはブレーキシステムがあり、運転終了とともにロータを停止させます。

車の機械的なブレーキと違い、このブレーキの動きは電気的なものであり、モータへの電流が単に逆流するだけです。また、多くの遠心機は、デリケートな生物学試料が熱を帯びるのを防ぐ冷却機能を備えています。

遠心機の構成には、床置きモデル卓上型の2種類があります。2つのタイプの違いは、基本的には容量であり、動作原理は同じです。