フローサイトメトリーの歴史

最初の蛍光ベースのフローサイトメトリー装置(ICP 11)は、1968年にドイツのミュンスター大学のWolfgang Göhdeにより開発され、1968~69年にドイツの開発製造メーカーであるPartecにより、ゲッティンゲンのPhywe AGを通じて商品化されました。しかし、当時の他の科学者達には、蛍光法よりも吸光法の方が広く受け入れられていました1

当初フローサイトメトリー技術は、パルス細胞測光法(ドイツ語:Impulszytophotometrie)という名前で呼ばれていました。わずか10年後の1978年、フロリダ州ペンシルベニアにおける米国技術基金(American Engineering Foundation)会議においてフローサイトメトリーという名前に変更され、またたく間に広まっていったのです。それからまもなくして、Bio/Physics Systems Inc.(後のOrtho Diagnostics)のCytofluorograph(1971年)やPartecのPAS 8000(1973年)、Becton Dickinsonの史上初のFACS装置(1974年)、Partec/PhyweのICP 22(1975年)、CoulterのEpics(1977/78年)などのフローサイトメトリーが開発されました2

Contact Us


















商品・サービス情報やWEBセミナー、展示会などのベックマン・コールターからのからのお知らせを希望しますか?


お客さまからご提供いただいた個人情報を尊重し、個人情報の保護に努めております。 個人情報保護方針サイト利用規約をご確認していただき、ご同意していただける方は「はい」をチェックしてください。