強力な研究ツールの浮き沈み(そして再浮上):分析用超遠心法(AUC:analytical ultracentrifugation)の歴史

オランダ人科学者Christiaan Huygensが1659年に造ったとされる用語「遠心力」(「中心から逃れる」というラテン語に由来する力)から、最終的には1860年代に「遠心分離機」が作り出されました。ミルクからクリームを分離するためにこの力が応用されたのです。 

約60年後には、最初の「分析用超遠心機」の開発に至りました。これは超高速で回転することが可能な遠心分離機を、回転中のほぼあらゆる溶液の成分に関する情報を取得するための光学系と組み合わせたものです。 

今日の分析様超遠心機(AUC)の背後には洗練された技術(チタンロータから、5秒未満でスキャンを記録することができる光学干渉系まで)が存在するにも関わらず、AUCの技術自身は約100年前に用いられたものからほぼ何も変化していません。 

また、本質的に重力と関連しているためか、AUCの歴史は1923年に導入されて以来浮き沈みが激しいものでした。 

現代のAUC技術におけるグローバルリーダとして、Beckman Coulter Life Sciencesがこれらの浮き沈み、そして復活の歴史を簡単にご紹介いたします。 

 

Contact Us


















商品・サービス情報やWEBセミナー、展示会などのベックマン・コールターからのからのお知らせを希望しますか?


お客さまからご提供いただいた個人情報を尊重し、個人情報の保護に努めております。 個人情報保護方針サイト利用規約をご確認していただき、ご同意していただける方は「はい」をチェックしてください。