ViaKrome Fixable Viability Dyeの確かな性能

パネルデザインに生死判定用の色素を添加する主な目的は、ゲート解析からの死細胞の除去することです。死細胞は抗体と非特異的に結合するため、細胞集団の解析が不正確になる可能性があります。死細胞識別試薬が有効に働かないと、染色は弱くなり、死細胞の多くが生きているように見えてしまいます。また、死細胞識別試薬の染色が異常に強くなると、多くの細胞が死んでいるように見えてしまいます。アッセイの確かな性能には、一貫して安定した試薬が必要です。

ベックマン・コールターは、試薬の品質を徹底的に評価しています。推奨染の色濃度とインキュベーション時間を決定するため、複数のオペレータが複数のロットを検査します。新しいロットごとに、品質管理上の定められた数値を満たすことが確認されています。

 

ViaKrome 405 ViaKrome 561 ViaKrome 638 ViaKrome 808
試行1 19.6 19.8 21.2 15.5
試行2 19.3 23.9 21.8 17.9
試行3 21.0 20.6 22.9 17.0
試行4 17.4 24.0 17.8 16.3
死細胞の割合(平均) 19.3 22.1 20.9 16.7
標準偏差 1.5 2.2 2.2 1.0
変動係数(%) 7.6% 9.9% 10.6% 5.9%

 

アッセイの精度:熱ストレス処理(55°C、10分間)をしたJurkat細胞と処理をしていないJurkat細胞の混合物をViaKrome Fixable Viability Dyeで染色し、染色後に直ぐに測定しました(n=4)。死細胞の割合およびばらつきの統計解析を示しています。アッセイの変動係数は5.9~10.6%でした。

8~25°Cで安定(ViaKrome 405 Fixable Viability Dye)

ViaKrome 405 Room Temperature Reagent Stability

18~25℃で安定(ViaKrome 561 Fixable Viability Dye)

ViaKrome 561 Room Temperature Reagent Stability

18~25℃で安定(ViaKrome 638 Fixable Viability Dye)

ViaKrome 638 Room Temperature Reagent Stability

18~25℃で安定(ViaKrome 808 Fixable Viability Dye)

ViaKrome 808 Room Temperature Reagent Stability

ストック溶液の安定性:ViaKrome Fixable Viability DyeをPBSに溶解し、18~25℃で0時間~4日間(96時間)の遮光保存後に使用しました。熱ストレス処理(55℃、10分間)をしたJurkat細胞と処理をしていないJurkat細胞の混合物を染色し、CytoFLEX LXでデータを取得しました。グラフは、各時点における死細胞の割合(棒)およびシグナルノイズ比(線)を示しています。いずれの測定項目も、試験期間を通じて安定した値を示しました。

Helpful Links