ZAP-70 抗体

Zap-70は、T細胞とNK細胞に発現するSykファミリーのタンパク質チロシンキナーゼで、T細胞レセプタ(TCR)を介したT細胞の活性化に重要な役割を担っています。TCR結合に引き続き、Zap-70の複数のチロシン残基が速やかにリン酸化されますが、これには自己リン酸化とSrcファミリーのチロシンキナーゼLckによるリン酸転移の2つの機序が考えられます。Zap-70のチロシンリン酸化は、キナーゼ活性の増大と相関し、下流へのシグナル伝達に関係しています。


Clone: SBZAP Isotype: IgG1 Mouse

モノクローナル抗体SBZAPは、ヒトZAP-70のアミノ酸残基280-309に相当するKLHペプチド配列を基に作成されています。

製品モデル

関連資料

CD chart For identification of cell surface molecules
Immunophenotyping reference table - For haematopoietic malignancies Poster - Immunophenotyping reference table - For haematopoietic malignancies
How do I preserve sensitivity? Poster - How to preserve sensitivity