TIA-1 抗体

TIA-1は、170kDaの細胞質内顆粒関連タンパク質で、細胞傷害性をもつリンパ球に発現します。GMP-17(Granule Membrane Protein of 17 kDa)とも呼ばれます。 GMP-17/TIA-1分子は、 Fas(CD95)を介するアポトーシス・シグナルの分子カスケードに関与しています。正常末梢血では、CD16+リンパ球の約90%、CD8+リンパ球の50~60%、CD4+リンパ球の10%以下に発現します。 TIA-1は未刺激のリンパ球にも発現しますが、活性化T細胞では、17kDaタンパク質のジスルフィド結合ポリマーの発現が誘導され、これも TIA-1抗体で認識されます。 TIA-1は、すべての単球と顆粒球、CD4+活性化T細胞クローン、Con-A活性化胸腺細胞にも発現しますが、Bリンパ球及びB細胞株には発現しません。


Clone: 2G9A10F5 Isotype: IgG1 Mouse

2G9抗体で、リンパ球浸潤組織中の細胞障害エフェクター細胞を検出できます。2G9抗体は、第5回ヒト白血球分化抗原(HLDA)国際ワークショップの細胞内抗原セクションにおいて評価されています。IntraPrepで膜透過処理した細胞のフローサイトメトリー分析にも適しています。

製品モデル