TCR Vα7.2 抗体

TCR Vα7.2は、Arden分類でTCRAV7S2とも呼ばれます。ヒトのValpha7.2セグメントは、mNKTとも呼ばれるmucosal associated invariant T(MAIT)細胞で発現する、進化的に保存された不変TCRα鎖です。MAIT細胞は、ヒト血液、腸粘膜および腸間膜リンパ節(MLN)に豊富に存在します(ヒト血液では全T細胞に占めるMAIT細胞の割合は1~8%であるのに対し、 NKT細胞が占める割合は0.01~1%)。MAIT細胞は、進化的に保存された自然免疫型T細胞であり、抗菌特性を有しています。それらは非感染性炎症性障害および自己免疫性炎症性病変にも関与するとされています。MAIT細胞は、腸の固有層(LP)へ特異的に蓄積することが見出されています。このことは、MAIT細胞が実際にMR1分子によって提示される微生物抗原を認識し、腸の免疫においてナチュラルキラーT細胞(mNKT細胞)の役割を担っていることを示唆しています。mNKT細胞は、主要組織適合複合体(MHC)クラスⅠ様の抗原提示分子CD1dおよびMR1によって提示される際に、内在性および/または外因性の糖脂質抗原を認識する非在来T細胞のサブセットです。T細胞受容体(TCR)の関与により、mNKT細胞は、粘膜免疫において重要な役割を果たす種々のサイトカインを迅速に産生することができます。


Clone: 3C10 Isotype: IgG1 Mouse

3C10モノクローナル抗体は、 Va7.2-Ja33 TCRα鎖を認識します。

製品モデル

関連資料

CD chart For identification of cell surface molecules
Immunophenotyping reference table - For haematopoietic malignancies Poster - Immunophenotyping reference table - For haematopoietic malignancies
How do I preserve sensitivity? Poster - How to preserve sensitivity