IgD 抗体

免疫グロブリン(Ig)ファミリーのメンバーであるIgDは、ナイーブB細胞で発現し、膜貫通型及び可溶型で存在します。IgDは、IgMとともに、B細胞個体発生中に発現する最初の抗体アイソタイプです。骨髄B細胞前駆体は、抗原に依存しないプロセスを通じて、variable(V)、diversity(D)及びjoining(J)遺伝子セグメントから重鎖(H)及び軽鎖(L)可変領域エクソンを組み立てた後、表面IgMを獲得します。骨髄を離れて二次リンパ器官にコロニーを形成した後、B細胞はV(D)Jと重鎖定数 μ(Cμ)及び Cδエクソンの両方を含むプレメッセンジャーRNAの選択的スプライシングを通じて、表面IgMと同じ特異性のIgDを獲得します。


Clone: IA6-2 Isotype: IgG2a Mouse

IA6-2モノクローナル抗体は、ヒトIgDの重鎖に特異的に結合します。

製品モデル

関連資料

Building IVDR compliant panels for haematological disorders wallchart Diagnostic purpose of the IVDR conjugated antibodies
Building IVDR-compliant panels for haematological disorders Diagnostic purpose of the IVDR conjugated antibodies
Building IVDR compliant panels for haematological disorders wallchart Diagnostic purpose of the IVDR conjugated antibodies
CE-IVD Single Color Antibodies (OUS version) CE-IVD Single Color Antibodies (OUS version)