Cyclin A2 抗体

ヒトでは、胚細胞特異的なサイクリンA1と体細胞のサイクリンA2の2種類のA型サイクリンが存在します。サイクリンA1は減数分裂及び初期胚のみに発現しますが、サイクリンA2は増殖する体細胞に存在します。サイクリンA2は432アミノ酸より構成される48kDaのタンパク質です。サイクリンは cyclin dependent kinases(CDKs)と会合してサイクリン-CDK複合体を形成することでCDKの活性を調節して、特定のタンパク質をリン酸化し、下流へのシグナル伝達を誘導します。サイクリンA2とCDK2の複合体は、DNAの複製を誘導し、S期の進行に必要です。G2からM期では、サイクリンA2はCDK1(別名CDC2)と複合体を形成します。サイクリンA2は、M期の初期にユビキチン依存タンパク質分解経路を介して分解されます。


Clone: 11B2G3 Isotype: IgG1 Mouse

11B2G3抗体は、ヒトサイクリンA2と反応します。

製品モデル

関連資料

CD chart For identification of cell surface molecules
Immunophenotyping reference table - For haematopoietic malignancies Poster - Immunophenotyping reference table - For haematopoietic malignancies
How do I preserve sensitivity? Poster - How to preserve sensitivity