CD95 抗体

CD95(FasまたはAPO-1)抗原は、40-50kDaの膜貫通型糖タンパク質です。腫瘍壊死因子(TNF)スーパーファミリーに属し、システィンに富む繰り返し配列を3箇所含みます。この細胞表面分子は、アポトーシス(プログラム細胞死)を媒介します。CD95抗原は、末梢CD4+細胞やCD8+細胞、B細胞の多くに発現しますが、NK細胞では少数にしか発現していません。血小板や赤血球にはみられませんが、顆粒球、単球には様々な強度で発現します。活性化T、B、NK、胸腺細胞では発現が増強されます。さらに、T、B、NK細胞、骨髄細胞などの細胞株にも広く発現しています。その他の組織も、ほとんどがCD95を発現します。


Clone: CH11 Isotype: IgM Mouse

CH11抗体はin vitroでCD95を発現する細胞株の一部にアポトーシスを誘導します。

Clone: UB2 Isotype: IgG1 Mouse

製品モデル

関連資料

CD chart For identification of cell surface molecules
Immunophenotyping reference table - For haematopoietic malignancies Poster - Immunophenotyping reference table - For haematopoietic malignancies
How do I preserve sensitivity? Poster - How to preserve sensitivity