CD66b 抗体

CD66抗原は、大腸癌細胞より見出された癌胎児性抗原(carcino-embryonic antigen:CEA)に関連した顆粒球特異抗原として報告されました。 CEA/CD66遺伝子群は、免疫グロブリンスーパーファミリーに属します。CD66b(CGM6)抗原は、95-100kDaのグリコシル-ホスファチジルイノシトール結合型糖タンパク質です。CD66b分子は、好中球のCD11/CD18接着活性調節において、シグナル伝達を介して関与していると考えられています。骨髄球、後骨髄球、好中球及び分葉核好中球に強く発現します。前骨髄球には弱く発現します。


Clone: 80H3 Isotype: IgG1 Mouse

80H3抗体は他のCD66bと同様、末梢リンパ球や単球とは反応しません。

製品モデル

関連資料

Building IVDR compliant panels for haematological disorders wallchart Diagnostic purpose of the IVDR conjugated antibodies
Building IVDR-compliant panels for haematological disorders Diagnostic purpose of the IVDR conjugated antibodies
Building IVDR compliant panels for haematological disorders wallchart Diagnostic purpose of the IVDR conjugated antibodies
CE-IVD Single Color Antibodies (OUS version) CE-IVD Single Color Antibodies (OUS version)