CD59 抗体

CD59抗原は、プロテクチンまたは Membrane Inhibitor of Reactive Lysis(MIRL)として知られている、18-20kDaのGPI結合型細胞表面タンパク質です。CD59分子は、 C5b-8 もしくは C5b-9複合体に結合し、最終的な膜侵襲複合体(Membrane Attack Complex: MAC)であるC9ポリマーの複合体形成を妨げることで、補体による細胞溶解を防いでいます。CD59分子は、造血系細胞だけでなく、すべての組織の細胞に幅広く発現しています。HIV-1、HILV-1及びHCMVの補体感受性の研究から、ウィルスによるCD59やCD55などの、宿主細胞由来の補体制御タンパク質の取り込みがみられ、各種のエンベロープウィルスが補体媒介性の溶解に対する耐性を獲得する機序の1つと考えられています。


Clone: P282E Isotype: IgG2a Mouse

Clone: MEM-43 Isotype: IgG2a Mouse

製品モデル

関連資料

CD chart For identification of cell surface molecules
Immunophenotyping reference table - For haematopoietic malignancies Poster - Immunophenotyping reference table - For haematopoietic malignancies
How do I preserve sensitivity? Poster - How to preserve sensitivity