CD235a (グリコフォリン-A) 抗体

CD235a(グリコフォリン-A)は、主にシアル酸として炭水化物を含む1回膜貫通型糖タンパク質です。10kDaの分子で、赤血球前駆細胞及び赤血球に発現しています。グリコフォリン-AはMNS血液型決定基を持ち、血球凝集や溶血の阻害因子として提案されています。グリコフォリン-Aはsiglec 5と結合することから、サイトカインや、マラリア原虫、熱帯熱マラリア原虫などの病原体、インフルエンザウイルスやA型肝炎ウイルスなどいくつかのウイルスに対するレセプターとしての機能を果たす可能性があります。


Clone: 11E4B-7-6 (KC16) Isotype: IgG1 Mouse

11E4B-7-6 (KC16) 抗体は、グリコフォリン-Aの27-39番のアミノ酸配列に結合し、グリコフォリン-Bに対する反応性はありません。この抗体は、赤芽球や前赤芽球、網赤血球を含む未熟赤血球とも反応します。

製品モデル

関連資料

CD chart For identification of cell surface molecules
Immunophenotyping reference table - For haematopoietic malignancies Poster - Immunophenotyping reference table - For haematopoietic malignancies
How do I preserve sensitivity? Poster - How to preserve sensitivity