CD206 (MMR) 抗体

CD206は、マクロファージマンノースレセプタ(MMR)とも呼ばれ、マルチレクチンレセプタ構造を持つ、175kDaのI型短鎖膜貫通糖タンパク質です。CD206は、糖鎖を含むタンパク質の細胞内取り込み、さらには processing compartments 及び peptide loading  compartments への輸送のための抗原の濃縮に重要な役割を果たすと考えられています。CD206抗原が最初に確認されたのは組織マクロファージ上ですが、主に発現しているのは未熟樹状細胞で、他の様々な細胞にも発現しています。リンパ球と単球には発現しませんが、単球からマクロファージに分化する過程で、CD206の発現が増強します。


Clone: 3.29B1.10 Isotype: IgG1 Mouse


製品モデル