CD1a 抗体

CD1aは、脂質抗原提示ファミリーに属する、49kDaの分子です。他のCD1タンパク質 (グループ1: CD1a、CD1b、CD1c、グループ 2: CD1d、CD1e) と同様に、CD1aは膜糖タンパク質で、β2-ミクログロブリンと非共有結合的に会合します。他のCD1グループ1の抗原と同様に、この抗原は、樹状細胞、特にランゲルハンス細胞などのプロフェッショナル抗原提示細胞(APC)と、循環血中に存在する、その直接の前駆細胞に認められます。GMCSF 及びIL-4存在下で6日間培養された単球から単離された真皮樹状細胞に関連する細胞に発現しています。CD1a抗原は、B細胞サブセットにも存在し、皮質胸腺細胞にも強く発現しています。 CD1a 抗体は胸腺期 T 細胞の同定に有用です。


Clone: SFCI19Thy1A8 (T6) Isotype: IgG1 Mouse

T6抗体は、第6回HLDAでCD1aのリファレンスモノクローナル抗体として使用されています。

Clone: BL6 Isotype: IgG1 Mouse

BL6抗体はCD1a分子のCエピトープを認識します。

製品モデル

関連資料

CD chart For identification of cell surface molecules
Immunophenotyping reference table - For haematopoietic malignancies Poster - Immunophenotyping reference table - For haematopoietic malignancies
How do I preserve sensitivity? Poster - How to preserve sensitivity