CD16 抗体

CD16は IgGの低親和性レセプタ (FcγRIII) で、FcγRIIIA (またはIII-2) と FcγRIIIB (またはIII-1) の2種類の遺伝子でコードされているアイソフォームがあります。このCD16遺伝子多型により異なる膜タンパク質が生み出されます。ひとつは膜貫通型アイソフォーム (FcγRIIIA, 50-65 kDa) で、NK細胞や単球、マクロファージに発現します。もうひとつはグリコシル‐フォスファチジルイノシトール (GPI) 結合型アイソフォーム (FcγRIIIB, 48 kDa) で好中球のみに発現します。NK細胞では16 kDa のCD3ζ 鎖と FcεRIγ 鎖のホモ/ヘテロダイマーにCD16分子が非共有結合的に会合しうることが明らかにされています。


Clone: 3G8 Isotype: IgG1 Mouse

3G8抗体はウエスタンブロッティングには使用できません。3G8抗体はCD16のどちらのアイソフォームにも結合します。

製品モデル

関連資料

Building IVDR compliant panels for haematological disorders wallchart Diagnostic purpose of the IVDR conjugated antibodies
Building IVDR-compliant panels for haematological disorders Diagnostic purpose of the IVDR conjugated antibodies
Building IVDR compliant panels for haematological disorders wallchart Diagnostic purpose of the IVDR conjugated antibodies
CE-IVD Single Color Antibodies (OUS version) CE-IVD Single Color Antibodies (OUS version)