CD159a 抗体

CD159a (NKG2A) は、40 kDa(還元時)もしくは75 kDa(非還元時)の II型膜貫通タンパク質で、CD94とジスルフィド結合ヘテロダイマーを形成しています。 CD159aは、Ca2+依存型(C型)レクチンファミリーに属しています。 CD94/NKG2Aダイマーは、MHCクラスI に対する抑制性NKレセプタであり、IgスーパーファミリーのNKレセプタ(KIR)よりも幅広い特異性を示します。 CD159a (NKG2A) の細胞内領域は、抑制性シグナルの伝達に関与する2つの特徴的なITIMモチーフ (Immunoreceptor tyrosine based inhibition motif)を含みます。 CD159a抗原 (NKG2A) は、常にCD94と共発現しています。 CD94/NKG2A複合体は、NK細胞、T細胞及び胸腺細胞のサブポピュレーションに検出されます。


Clone: Z199 Isotype: IgG2b Mouse

Z199抗体は、抑制性のCD94レセプタ複合体を発現しているCD94brihtNK細胞と特異的に反応します。他のNKG2ファミリー分子が結合した活性化型CD94には反応しません。この抗体は、 CD94brihtNKクローンのHLAクラスI +標的細胞に対する細胞障害能を復元させることができます。

製品モデル

関連資料

Building IVDR compliant panels for haematological disorders wallchart Diagnostic purpose of the IVDR conjugated antibodies
Building IVDR-compliant panels for haematological disorders Diagnostic purpose of the IVDR conjugated antibodies
IVDR: a new era for In-Vitro Diagnostic Medical Devices BEC Marseille IVDR team, in the framework of the IVDR Global program, has established and deployed a robust project plan to fulfill IVDR requirements of more than 230 IVD CE marked products for May 2022
How do I preserve sensitivity? Poster - How to preserve sensitivity